昭和50年男

自ら作った機体で空を飛ぶ “ミスター鳥人間” 大木祥資の闘い! 好評発売中『昭和50年男』12号の特集「できるかな?」を編集長が紹介 !!

ちょっと知ってみたい… “空を飛ぶ感覚”って?   『昭和50年男』編集長の金丸です。   発売中の本誌9月号/vol.012の特集『できるかな? ~いつまでも…オレたちクリエイター~』では、さまざまな昭和50年男的もの

ファッション狂騒曲

【ヴィンテージアロハシャツを学ぼう… #9】初心者必見の着こなし方 (その1)

とにかくアロハシャツのインパクトに腰が引けてしまうという初心者は、全身をトリコロール配色に近づけてみると難易度が下がる。ジーンズやキャンバススニーカーといった定番アイテムを取り入れながら、白と青に少し赤を挿すイメージのバランスがグッド。

ファッション狂騒曲

【ヴィンテージアロハシャツを学ぼう… #7】後発ブランドは、日本画のような繊細な表現で勝負に出た。

日系人のヤエコ・ナカノが1952年に創業したキロハナ・ディストリビューターズ社のブランド。裕福な人しか飼うことができなかった金魚は、財運や繁栄の象徴とされる。そうした日本ならではのモチーフが美しく表現された柄でアメリカの人々を魅了した。

昭和50年男

描いて、消せて、削ってよし… みんな大好きなクーピーペンシル! 発売中の『昭和50年男』vol.012 特集「できるかな?」を編集長が紹介 !

クーピーは、使う人もメーカーもクリエイターだった!   『昭和50年男』編集長の金丸です。 先週に続き、現在発売中の 9月号/vol.012 の特集『できるかな?』をご紹介します。   突然ですが、皆さんが子供の頃に好き

ファッション狂騒曲

【ヴィンテージアロハシャツを学ぼう… #5】こちらもハワイの英雄デュークとの関係が深いブランド。

デューク・カハナモクがシスコ・カジュアル社と契約する以前、1937年からアロハシャツや水着のラベルにデュークデザインであることを記載する契約を結んでいたのがブランフリート・スポーツウエア社。カハラは同社のブランドだ。先見の明で言えば、こちらに軍配が上がる。

ファッション狂騒曲

【ヴィンテージアロハシャツを学ぼう… #4】金メダリストで伝説のサーファー、デュークの功績で全米に広まる!

競泳で五輪の金メダリスト、サーフィンの伝道師、そしてムービースターとしても活躍した伝説の男、デューク・カハナモク。ニューヨークとカリフォルニアに拠点を置く大手メーカーのシスコ・カジュアルズ社からリリースされたデュークのアロハシャツは、1950年代にアメリカ本土でも大人気となる。