異才の全てを記録した『石川 賢 マンガ大全』7/16発売! 放送中の『ゲッターロボ アーク』アニメ化記念原画展も東京・青山にて開催!!

おはこんばんちはです。「S40ニュース!」をお送りします。

合体ロボアニメの元祖『ゲッターロボ』の原作マンガを永井 豪先生とともに手がけた 石川 賢 先生。シリーズとして脈々と続いた “ゲッターサーガ” を筆頭に、SF、伝奇時代劇から、極道もの、ゴルフやギャンブルものまで多彩なジャンルの作品を発表し、2006年に逝去された後にもカルト的な人気を博しています。

そんな、“マンガ界の異彩”、石川 賢 先生の “すべてをアーカイブ”、“完全ガイド” を謳った書籍『石川 賢 マンガ大全』が、来週 2021年 7月16日(金) に双葉社より発売されます。
デビュー以来、200余編の作品を網羅し、掲載誌情報・あらすじなどを6つのジャンルに分けて紹介。永井 豪 先生を皮切りに、盟友・同僚・担当編集者からご家族に至るまで、周辺人物の新規インタビューを8本収録し、マンガ家や原作者らによるトリビュート原稿も掲載!
 
もちろん石川 賢 先生自身のインタビュー再録や、カラーイラストギャラリーなどのページも用意されているそうで、まさにファン感涙、必携の一冊となりそうです。
 
 
さらに… ゲッターサーガの最終章『ゲッターロボ アーク』も待望のアニメ化が果たされ、現在テレビ放送中ですが、これを記念した原画展「ゲッターロボ サーガ <永井 豪 × 石川 賢>」もあわせて開催!

『ゲッターロボ』から『ゲッターロボ アーク』まで、全5作の貴重な生原稿をはじめ、近年、永井 豪先生が描いたゲッターロボ作品『恐竜帝国から来た少女』も展示されるとのこと。

会期は明日 7月10日(土) から 8月9日(月) までの1ヵ月間で、会場は東京・青山のギャラリー「GoFa」。入場料は 1,000円 (税込/未就学児無料) 。書籍『石川 賢 マンガ大全』の先行販売もあるそうなので、一刻も早く手に入れたい!という方は、ガッツ、ガッツ、ゲッターガッツで一直線に会場へ!

書籍で、アニメで、展覧会で… ガン ガン ガン ガン! とばかりに、若くない命も真っ赤に燃やし、この夏は石川 賢ワールドにどっぷりとハマってみては?

(昭和40/50年男 “Web担当A”)
 
 
[以下、双葉社  ニュースリリース より]

アニメ作品としても著名な『ゲッターロボ』シリーズを筆頭に、壮大な世界観のSF『虚無戦記』等々、多彩なジャンルに渡り、奇想と疾走感に満ち溢れたマンガ作品を発表してきた石川 賢の諸作品を紹介する書籍が、7月16日に双葉社より発売されます。

 
デビュー作『それゆけコンバット』から絶筆『戦国忍法秘録 五右衛門』まで、石川賢が発表した作品群200余編の掲載誌情報・あらすじを6つのジャンルに分けてガイドします。永井 豪、蛭田 充、村祭まこと……盟友・同僚・担当編集者からご家族に至るまで、周辺人物の新規インタビュー8本を収録! 寺田克也、せがわまさき、辻 真先、高千穂遙、清水栄一×下口智裕……マンガ家、原作者らによる圧巻のトリビュート原稿を掲載! その他、石川 賢のインタビューの再録、カラーイラストギャラリーも。圧巻のボリュームで振り返る、マンガ家・石川 賢の圧倒的空想世界をまとめた究極の1冊です。

(c) 2021 Tetsuko Ishikawa/Dynamic Production
(c) 2021 Tetsuko Ishikawa/Dynamic Production

 
石川 賢 マンガ大全

原著作/石川 賢
監修/ダイナミックプロ
A5判 224ページ
定価:3080円(税込み)
2021年 7月16日 発売予定
※書店、地域によって発売日が前後する場合がございます
 

 

最終章『ゲッターロボ アーク』
ファン待望のアニメ化各局にて絶賛放送中!

石川 賢が作画を担当した『ゲッターロボ』シリーズの最終章である『ゲッターロボ アーク』を原作としたTVアニメ『ゲッターロボ アーク』の放送がスタート。コミックス『ゲッターロボ アーク 新装版』(1)~(3)は双葉社より発売中。
(c) 永井豪・石川賢ダイナミック企画・真早乙女研究所
(c) 永井豪・石川賢 ダイナミック企画・真早乙女研究所
 
TVアニメ『ゲッターロボ アーク』放送情報
AT-X    : 毎週日曜 21:00~
TOKYO MX : 毎週日曜 23:00~
BSスカパー!: 毎週月曜 23:30~ ※無料放送
BS11     : 毎週火曜24:30~
 
https://getterrobot-arc.com

企画 ダイナミック企画
原作 永井 豪・石川 /賢
監督 川越 淳
アニメーション制作 Bee・Media × studioA-CAT

 
 


  
『ゲッターロボ アーク』アニメ化記念
東京・青山にて原画展の開催が決定!会場では書籍の先行販売も!!

地・海・空を合体・変形して戦う巨大ロボットの金字塔である『ゲッターロボ』。本展では永井 豪 原作、石川 賢 作画『ゲッターロボ』から『ゲッターロボ アーク』までの “ゲッターサーガ” 全5作の貴重な生原稿をはじめ、近年、永井 豪が描いたゲッターロボ作品『恐竜帝国から来た少女』も展示されます。

(c) 1974-2021 Go Nagai・Tetsuko Ishikawa/Dynamic Production All Rights Reserved.
 
■イベント概要
『ゲッターロボ アーク』アニメ化記念原画展
ゲッターロボ サーガ <永井 豪 × 石川 賢>

■日程 2021年 7月10日(土) ~ 8月9日(月)
    ※月曜日定休日(祝日を除く)
    ※8月8日はビルメンテナンスのため休館
    ※状況により展示会が中止、または延期となる場合がございます

 入場料  1000円(税込)※未就学児無料
 営業時間 12:00〜18:00
 会場   GoFa(Gallery of Fantastic art)
      東京都渋谷区神宮前5-52-2 青山オーバルビル2F
 
 
■主催     GoFa(Gallery of Fantastic art)
■企画協力   株式会社ダイナミックプロダクション/ダイナミック企画株式会社
■協賛     株式会社マット
■制作     MATエンタープライズ株式会社
■ウェブサイト www.gofa.co.jp
■チケット   https://l-tike.com/getterrobot-arc
        Lコード:39925
 
 


 

石川 賢(いしかわ けん)
1948年栃木県生まれ。マンガ家・永井 豪のダイナミックプロにアシスタントとして参加。永井との連名で作品を発表しつつ、1970年に単独デビュー。1970年代初頭に永井原作のアニメ、『マジンガーZ』等の作品にキャラクター原案として参加した後、永井と組んでアニメ『ゲッターロボ』の原作を担当。同作のマンガ版も手掛け人気に。以来、SF、伝奇時代劇、極道物、ゴルフ、ギャンブルといった幅広いジャンルの作品を手掛け、カルト的な人気を博す。2006年11月15日、急性心不全により死去。享年58。
 
https://www.futabasha.co.jp/booksdb/book/bookview/978-4-575-31632-2.html?c=20997&o=&
 

 


 
■SNSも展開中! フォロー&シェアでゼヒ応援を… よろしくお願いします! 
 
『昭和40年男』
 Facebook https://www.facebook.com/crete.s40otoko
 Twitter     @s40otoko https://twitter.com/s40otoko
 
『昭和50年男』
 Twitter     @s50otoko https://twitter.com/s50otoko

『昭和45年女・1970年女』
 Twitter     @1970onna https://twitter.com/1970onna
 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

最初のコメントをしてみませんか?

お気軽にコメントをどうぞ

メールアドレスは入力しても公開されることはありませんのでご安心下さい。


*