本日、発売じゃー!!


本日より68回目となるみなさんとの勝負じゃ。前回表紙はすったもんだがあった末、それに屈することなくチャレンジングなのを作った。賛否両論というか、どちらかといえば不評の声が大きかった気がするが『昭和40年男』は置きにいかないことがあたり前田のクラッカーだから、僕としては不評なんざなんのそのである。で、今回は順調そのもので作業が進んだ。先日発表した時につぶやいたとおり、表紙は小林泰彦さんの描き下ろしイラストを使うことができた。俺たち世代の冒険らしく出来上がっているじゃないか。あっ、そういえば姉妹誌の『昭和45年女・1970年女』も江口寿史さんの描き下ろしだったじゃないか。なんか来てるなあ。

 

表紙発表でつぶやいた日は、読者さんから「俺たち世代の探検や冒険は常にこのスタイル、ドリフも含め!」とコメントをいただいた。さすがっ、お目が高い。小林さんにお願いする際に、編集部で議論して導き出したモチーフのひとつが、まさにドリフだった。ガキの頃の冒険の想い出とがっちりリンクすることだろう。

 

キャンププームだそうだが、そこに引っ掛けたわけではない。あくまで冒険の心によって育まれた俺たちの幸せを振り返り、いつまでもあのスピリットを忘れずに生きていこうというメッセージを込めた特集である。だからこそ、強いメッセージが込められたページも多く存在するぞ。とかく家にこもりがちな昨今だからこそ、この一冊でアウトドア気分を盛り上げていただきたい。

 

サイトの紹介ページでは公開を避けたものの、今回の特集のエピローグページは賛否両論どころかお叱りを受けそうな気がする。いずれにせよ、きっとみなさん驚愕するはずだ。でもね、がんばったことだけは認めてあげてちょうだい。では今日は、書店・コンビニへと走ってくれ。週末をビールと一緒にエンジョイしてくれっ!!

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

1件のコメント

  1. 今までにはない切り口で楽しめました
    あの頃、夢中になったテレビ番組特集をまたやってほしい
    特に、アメリカ横断クイズを深掘りしてほしい!

お気軽にコメントをどうぞ

メールアドレスは入力しても公開されることはありませんのでご安心下さい。


*