ホーム > プロデューサーのつぶやき > 野田首相はどうよ?

野田首相はどうよ?

2011 年 8 月 30 日 プロデューサー コメント

正式に新しい首相として野田さんが選ばれた。こうしたときに、見事なほどささっと動く証券会社である。野田首相が及ぼす金融についての見通しをまとめて、営業マンは飛び込みで持ってくる。どれどれ? まず飛び込んでくる大きな見出しが“与野党強調で経済・金融市場の安定に寄与”と来たもんだ。読み込んでいくと、野田さんの選出は現職財務大臣が政権を引き継ぐから、財政規律が大きく緩むリスクは後退したとある。おーっ、よかったじゃないの。さらに増税懸念は行き過ぎともあり、まるで野田さんのシンパのごとくネガティブを払拭している。結びとして円高の加速に歯止めがかるのではないかとしていて、政策とそれに対する期待感が市場を動かすというもの。おおーっ、ハッピー野田さんじゃないの。ねっ、ちょっと皮肉ってるようにも読めるかもしれないけど、今日からお先真っ暗だってばかり聞かされるよりよっぽどいいっす。しかめっ面した芸能人が、経済アナリストのごとくネガティブキャンペーンを繰り返す情報バラエティ番組よりもね。

 

今日ここでいいたいことは、民主党批判でなければ野田さん賛美でもない。政治家という職業に就く人のタフネスぶりに、つくづく感心していることだ。鳩山首相は最後までまったくわからない方だったが、管さんに関してはかつて薬害エイズ問題や不倫問題など、この2つの問題を一緒にするのは申し訳ないとは思うが、その処理を見ている我々にとって、鳩山さんのような宇宙的な人ではないことを知っている。その管さんが、これだけの難題の前で笑っていて、元気そうに仕事の現場へ顔を出していることって、ものすごくタフな人だなと思った。普通の人間だったらあれだけ問題山積状態のうえ、ネガティブキャンペーンに毎日さらされていたら、体と心を壊すでしょう。そう考えると、管さんほどでなかったのに体を壊してしまった安倍さんが情けなく感じてしまうけど、麻生さんもタフネスぶりという部分では相当がんばったと思う。しかもみなさん、僕らよりも歳を重ねているのだ。野田さんもきっとタフネスぶりでは負けないだろうし、ぜひ目一杯闘っていただきたい。原子力問題に震災復興はもちろん、為替、外交、福祉と多岐に渡って、戦後復興後の日本にとって最も難しい局面を迎えているといっていいだろう。そして教育も、未来へと続く大問題である。仕事といえばそこまでだか、この難局を切り盛りしていこうとするモチベーションを持っていることは、それだけでスゴイパワーだと思うのだ。とにかく現時点では、いい仕事をしてくれることを祈るのみである。

  1. コメントを募集しています。