ホーム > プロデューサーのつぶやき > 15歳よりの相棒が吠えた!!

15歳よりの相棒が吠えた!!

2016 年 12 月 8 日 プロデューサー コメント

先日、僕が奮闘している業界のひとつで毎年恒例のパーティがあり、何度も何度も「よいお年を」を繰り返した。普段から仕事をご一緒している方やこの会場でしか会わない方、業界の重鎮らがみんな笑顔で過ごしているのは年の瀬ならではだ。

 

 

このパーティは凝った余興を用意していて、バンド演奏により何人かの参加者が歌を披露する。これが毎年ものすごい選曲なのだ。今年は、ブルース・ブラザースでお馴染みの『スィート・ホーム・シカゴ』で始まり、百恵さんの『夢先案内人』、ビートルズから『OH ! Darling』、八代亜紀さんの『舟唄』、大瀧さんの名曲で松たか子さんバージョンの『夢で逢えたら』、ヘビィメタルに料理された『ガッチャマンの歌』、クレイジーキャッツの名曲『ホンダラ行進曲』、拓郎さんの『たどりついたらいつも雨降り』、そしてラストは聖子ちゃんの『瑠璃色の地球』といった具合だ。じつにバラエティに富んだ選曲で、毎年バンマスが苦労しながら歌い手さんと調整して構成されるのである。

 

 

僕は昨日のパーティの参加者であり、このバンドメンバーである。この年の瀬に暗譜まで含めた練習時間は取れず、ちょっとずるいのは音譜を見ながらの演奏で勘弁してもらっている(バックバンドですから…)。それでもちょっとした時間を作っては、これらの曲を弾き続けてなんとか仕上げ、今年も無事終えることができた。

 

 

img_4212この演奏を支えてくれたのが、高校の合格祝いに買ってもらったフェルナンデスのストラトコピーモデルだ。定価8万円で確か2割引の6万4千円だったと記憶している。35年以上使っているのだからどんだけコストパフォーマンスがいいのじゃ(笑)。ギターメンテのうまい友人のおかげで、調子もバッチリで下手なオーナー以上の音色を奏でてくれたのだった。思えばコイツを買ってもらった直後に中学卒業記念に初めてライブ(のようなもの?)をぶちかましコイツをかき鳴らした。ずいぶんと長い付き合いになるが、どっこい今もキチンと支えてくれる相棒は人生の宝物だな。

 

 

   

  1. コメントを募集しています。