ホーム > 編集部員のぼやき > 【大晦日】格闘技中継が復活

【大晦日】格闘技中継が復活

2015 年 12 月 19 日 編集部員 コメント

【大晦日】格闘技中継が復活

『RIZIN』の会場はさいたまスーパーアリーナ

近年、大晦日のテレビ番組といえば、NHKの『紅白歌合戦』か、日テレの『ガキの使いやあらへんで!!』の特番である『絶対に笑ってはいけない』シリーズが“2強”だったでしょうか。

しかし、今年は新たな風が吹きそうです。“新たな”と記しましたが、正確には“復活”でしょうか。フジテレビが10年ぶりに総合格闘技イベント『RIZIN』を放送します(29、31日)。同イベントにはボブ・サップや曙、高阪剛、桜庭和志、ジェロム・レ・バンナ、エメリヤーエンコ・ヒョードルらの出場が予定されています。懐かしさを覚えるとともに、変わらぬ人気を誇るメンバーですので、試合内容や視聴率を含めて“結果”が楽しみです。

また、TBSも大晦日に『魔裟斗vs山本“KID”徳郁』という黄金カードを放送するそうですし、テレビ東京もボクシング中継を行いますので、今年は2000年代前半に一大ブームとなった“格闘技で年越し”が再燃することになります。

もちろん、当時の熱気がそのまま甦るかどうかは不透明ですが、プ女子(プロレス好きな女子)という言葉も生まれてきたくらいですから、格闘技を受け入れる土壌はあるはずです。これまでのファンに加えて、新たなファンを呼び込めるか――。大晦日にまたひとつ楽しみが増えました。

昭和40年男の場合、“紅白派”が優勢だとは思いますが、それでも『PRIDE』や『K-1』に燃えた経験はあるはず。久しぶりに、格闘技にチャンネルを合わせてみるのもいいかもしれませんね。

 

 

  

カテゴリー: 編集部員のぼやき
  1. コメントを募集しています。