ホーム > タメ年たちの大活躍! > 【タメ年たちの大活躍!】松蔭浩之が参加する『おおいたトイレンナーレ』とは?

【タメ年たちの大活躍!】松蔭浩之が参加する『おおいたトイレンナーレ』とは?

2015 年 6 月 13 日 編集部員 コメント

おおいたトイレンナーレ昭和40年生まれの現代美術家・松蔭浩之が、7月18日(土)より開催される芸術祭『おおいたトイレンナーレ』に参加する。

 

無くても生きていける尊ばれている現代アートと、ないと困るがとても厭われているトイレ。両極に位置する相容れない二つのものが大分で出会う、それが『おおいたトイレンナーレ』だ。異文化を受け入れてきた歴史を持つ大分市は、どこでも見たことのない街の機能を活かした大分らしいアートフェスティバルとして同イベントを開催する。公園にある公衆トイレを皮切りに、大分市中心市街地の店舗のトイレを舞台にして多数のトイレアートが展示されるという。

 


 

総勢16のアーティストやアートユニットが参加する本イベントに、松陰は下記2作品を持ち込む。
 『STEREO PORNO』
  会場:坐<あぐら> (大分市府内町3丁目7-33 Bアパートメント3F)
 『水に流して』
  会場:& NEWS(大分市府内町1丁目6-43 Bスクウェアビル2F)
このユニークなアートフェスティバルに松陰がどのような作品を展示するのか、非常に興味深い。

 

松陰はアートユニット“コンプレッソ・プラスティコ”で、90年ヴェネチアビエンナーレ・ アペルト部門に世界最年少で出展。以後個展を中心に国内外で活動している。写真、パフォーマンス、グラフィックデザインなど幅広く手掛け、06年シンガポールビエンナーレほかにも日本代表として参加。アート集団・昭和40年会の会長も務めている他、宇治野宗輝とのロックデュオ・ゴージャラスでのライブ活動でも知られる。

 

 

 

このコーナーでは昭和40年生まれの活躍を紹介。どんな些細なことでも我こそは!という昭和40年男はぜひ『読者投稿欄』から投稿を!

 

  1. コメントを募集しています。