【タメ年たちの大活躍!】茅ヶ崎在住の画家・松尾高志の展覧会が開催中。

松尾高志展-原始の叫び-
『松尾高志展-原始の叫び-』
公式サイト

昭和40年生まれの画家・松尾高志の展覧会が、明日6月13日(土)まで東京都中央区銀座の中和ギャラリーにて開催されている。

神奈川県茅ヶ崎市在住でサーフィンを愛するという自然派の松尾が、海、空、波を鮮烈な色彩でキャンバスへと活写した新作34点が展示されている。会期は明日までだが、もし近くに行く機会があるなら、抽象と具象の境界があいまいな独特の表現が魅力の松尾作品を見に、足を運んでみてはいかがだろうか。

松尾高志展-原始の叫び-
 会期:2015年6月8日(月)~ 6月13日(土)
 時間:12:00~夜7:00(最終日5:00 まで)
 場所:中和ギャラリー(東京都中央区銀座6-4-8 曽根ビル3F)

松尾は、89年に多摩美術大学 絵画科 卒業(油画専攻)し、92年にル・ソルバン大賞展へ入選。幅広く創作物の発表を行なっている。

このコーナーでは昭和40年生まれの活躍を紹介。どんな些細なことでも我こそは!という昭和40年男はぜひ『読者投稿欄』から投稿を!

最初のコメントをしてみませんか?

お気軽にコメントをどうぞ

メールアドレスは入力しても公開されることはありませんのでご安心下さい。


*