ホーム > プロデューサーのつぶやき > ツライ役割をこなすおっさんの春。

ツライ役割をこなすおっさんの春。

2015 年 4 月 22 日 プロデューサー コメント

イメージカットです(苦笑)。東京はツツジやハナミズキが見頃の春真っ盛りだ

イメージカットです(苦笑)。東京はツツジやハナミズキが見頃の春真っ盛りだ

今日は久しぶりに気持ちのよい青空が広がった東京だ。気温もちょうどよく、今日は綿の白シャツにブルージーンズという、高校時代からの定番ユニフォームで過ごしている。この定番の組み合わせも35年かとタメ息をつきながらだ。

4月も半分を過ぎて、まだまだスーツが浮いている若者たちが目立つ。そしてそんな若者たちが、毎年この頃になると名刺をくれと会社に飛び込んでくる。対応するのは未来の日本のためなんだと言い聞かせて、できるだけ付き合うようにしている。そんな寛大なおっさんなのだが、なんの接点もなさそうな会社の、社会のことをなにもわかっちゃいない小僧やお嬢ちゃんの相手をするのは、忙しいこの時期に気分を悪くさせられることも正直多い。新入社員にそんな研修をさせているタメ年男も多いだろうから、受け手からの助言をさせていただきたい。ぜひカワイイ新人たちに授けてくれ。

訪問する会社のサイトくらいは見てほしい。玄関をくぐる前にスマホでちゃっちゃっとでいい。「へーっ、出版なさっているんですか?」と切り出されると、なんとも切なくなってくる。そこから付き合わなければならないのかとなり、できるだけ早くお帰り願いたくなってしまう。「昭和40年男って変わったタイトルの雑誌を出しているんですよね」と、社会人1年生なのだからそのレベルでいい。お願いっ!! 

もうひとつ。毎年多いのが「今日から1週間名刺をたくさん集めなくてはならないんです」と、ハッキリとおっしゃる1年生が実に多い。寛大なおっさんだからそれでも差し出すが、できるだけ話を聞いて社会を知ることが目的であると若者たちに告げてほしい。いい勉強にするのか、ただの作業にしてしまうのか。その差は歴然じゃないか。

とまあ、この時期特有の訪問者たちに、今どきの若者はやれやれなんて毎年の恒例行事のようである。そしてゴールデンウィークが終ると、電話でアポを取ってから訪れる1年生がグーンと増える。これもできるだけ付き合いますが、同じく上記の2点はおさえるように指導してくれっ。ちなみに本日の飛び込みはすごーく緊張した女の子で、大丈夫かいなと心配したほどだ。よく相談に乗ってやってくれよって、自分のところもちゃんと見ないとな(笑)。

 

 

  

  1. avatar
    浅野
    2015年 4月 22日 19:37 | #1

    他社の新入社員なんてどうでもいいとは思うが、人生の先輩としてあまり酷いのは諭してもいいんでないかい、社長(^^ゞ

  2. avatar
    ca-ni
    2015年 4月 23日 05:44 | #2

    あ~、20数年前オレもやらされた(笑)

  3. 浅野さん、ありがとうございます。
    諭すかあ、その方がいいかもしれませんね。がんばります(笑)。

    avatar
    プロデューサー
  4. ca-niさん、ありがとうございます。
    なんと、経験者とはビックリです。やはり「集めて来い!!」だったのですかね。

    avatar
    プロデューサー