ホーム > タメ年たちの大活躍! > 【タメ年たちの大活躍!】岡村靖幸が宇多田ヒカルのソングカバーアルバムに参加。

【タメ年たちの大活躍!】岡村靖幸が宇多田ヒカルのソングカバーアルバムに参加。

2014 年 11 月 15 日 編集部員 コメント

宇多田ヒカルのうた昭和40年生まれのミュージシャン・岡村靖幸が、宇多田ヒカルのソングカバーアルバム『宇多田ヒカルのうた』に参加している。

 

宇多田ヒカルのデビュー15周年を記念して12月9日(火)に発売されるこのアルバムは、ソングライターとして第一線で活躍するアーティストに限定して、自由に宇多田ヒカルの楽曲を表現してもらおうというもの。数々のアーティストによるソングカバーが集められた初のオフィシャルアルバムだという。

 


 

 

本アルバムに参加しているのは下記13人となる。

 ・AI

 ・井上陽水

 ・大橋トリオ

 ・岡村靖幸

 ・加藤ミリヤ

 ・KIRINJI

 ・椎名林檎

 ・Jimmy Jam & Terry Lewis feat. Peabo Bryson

 ・tofubeats with BONNIE PINK

 ・ハナレグミ

 ・浜崎あゆみ

 ・吉井和哉

 ・LOVE PSYCHEDELICO

 

岡村は1986年にシングル『OUT OF BLUE』でデビューし、自身の活動のかたわら、他アーティストへの楽曲提供も続けて来たが覚せい剤の所持・使用で数度に渡って活動を休止。復帰後は精力的にライブ活動を行ないながら2011年8月にセルフカバーアルバム『エチケット』をリリース。さらに自らのシングル『ビバナミダ』や小出祐介とのジョイントシングル『愛はおしゃれじゃない』、2014年11月12日には、ニューシングル『彼氏になって優しくなって』を発表している。

 

 

 このコーナーでは昭和40年生まれの活躍を紹介。どんな些細なことでも我こそは!という昭和40年男はぜひ『読者投稿欄』から投稿を!

 

    

 

  1. コメントを募集しています。