ホーム > 編集部員のぼやき > 読者のお便りコーナー。

読者のお便りコーナー。

2014 年 1 月 21 日 編集部員 コメント

本誌にはメールはハガキ、手紙などで様々な感想や意見が寄せられる。誌面でも紹介しているのだれど、紹介しきれないものも多数。そこでそのなかからいくつかを、ここに紹介させていただこうと思う。「俺にも言わせろ!」という方はぜひコチラから。反社会的なものでなければ、批判や叱咤激励などもドシドシ載せていきます。皆様のご意見・ご感想を絶賛お待ちしております。

 

――――――――――――――――――――――――――――――

■ペンネーム:さっちーさん
毎回楽しみにしています! 懐かしいモノの写真は眺めてるだけでも最高で毎回一番の楽しみですし、四十新聞もとってもおもしろいです。今後80年代のドラマや(DVD紹介など)僕たちの頃に流行った飲食店やファッション記事 、それに今の我々が興味を持つ医学以外の情報などもぜひ! 個人的には60年代、70年代、80年代の大人向けのドラマのDVD情報が欲しいです(特撮などはこれまでに十分この雑誌で教えていただいたので)。毎回楽しみにしてます。編集部のみなさんがんばって毎月号にしてください!応援しています!!

 

編集部:ファッションなどは、DCブランドブームなど取り上げるべきネタはあるので、今後の課題ですね。いつかぜひ挑戦してみたいと思います。また、ドラマは最新号で『ムー一族』を取り上げるなど、積極的に掲載しています。モノ好き世代なので、DVDやブルーレイなど、手元に残しておきたい我々ですから、その辺りの情報も充実させていきたいと思います。今後もご期待ください。

 

――――――――――――――――――――――――――――――

 

■ペンネーム:ナシ
現在定期購読させて頂いています。私は小学生の頃から切手収集をしており、一時中断しましたが、財力に余裕ができてから、収集再開しています。我々が子供の頃は皆切手集めをしていた記憶があり、町にも必ず切手屋さんがありました。今後、懐かしの切手特集をして頂ければ幸いです。

 

編集部:切手収集は、やっていたという人が多いでしょうね。昔を思い出して改めて始めてみるというのもなかなか楽しそうです。みなさんは懐かしの切手、今でも持っていますか?

 

――――――――――――――――――――――――――――――

 

■昭和40年男の読者です。/ペンネーム:ナシ
fiat131_1はじめまして。東京への出張の帰り、新幹線で飲んだくれながらメールしています。そのため乱文、乱筆失礼致します。飲んだ勢いで書いています。
私、同じくタメ年。京都在住の昭和40年男です。俺たちの正体という特集時にこの雑誌と遭遇したことで、自分の性格や趣味・嗜好はこのように育まれたものなのだということを初めて客観的に分析でき感動してしまいました。そしてそれ以来ファンになり定期購読させて頂いております。 今月の特集が車&バイクということで、実は最近“人生最後の車”を購入したこともあり、初めてお便りさせて頂くことにしました。その車とは中学生のころからあこがれていた『FIAT 131 ABARTH RALLY』という車です。13歳の時にタミヤの1/20キットを作って以来の憧れでした。何とか手が届くところ にきて、自分の人生をあと何年と考えた時に、たまたま某オークションで遭遇。今しかないと決断し購入に至ったと言う訳です。
“人生最後の車”などというと普通は定年の記念として退職金の一部をつぎ込んで、云々ということになりそうですが、趣味の車は乗れるとき(元気なうち)に乗ったほうが価値があると閃いて一歩踏み出しました。まさにプライスレスで心が充実&満たされている状態です。こんな気持ちはホント久しぶりです。この趣味と喜びを共感できるのはタメ年のみんな:昭和40年男しかいないと思い、その仲間の代表として北村君(あえてそう呼ばせてください)にご報告する次第です。クルマの写真は添付の通りです。 また、話は変わりますが、うちには4歳になる息子がいます。彼の好きなキャラクターは「キカイダー」「タイガーマスク」「ドロロンえんま君」「仮面の忍者赤影」。ギャグは青影の「だいじょうぶ」です。ふと気が付くと平成生まれの昭和40年男を創り上げていました。一応幼稚園ではこのギャグが新鮮で受けているようです。今後彼がどのように成長するかは判りませんが、僕らの育った素晴らしく刺激的な環境・時代を伝えていきた いと思います。

 

PS.
昭和40年男という雑誌の存在は自分が40年生まれで良かったなぁとしみじみ思わせてくれます。タメ年(+α)にはこの雑誌をどんどん紹介しています。これからも期待しています。

 

編集部:とても熱意のこもったお便り、ありがとうございました。前号の特集「モーターショー」の人気ぶりでも昭和40年男たちのクルマ好きを再認識させられましたが、青春時代に憧れた乗り物というのは大人になっても忘れられないものです。それを手にして夢を叶えるというのは、この上ない喜びだと思います。これからも大事に乗り続けてください。

 

――――――――――――――――――――――――――――――

■ペンネーム:四国のロブさん
おたくのプロレス記事は新日(ていうか猪木)礼賛記事ばかりで、全日(及び馬場さん)を貶める様な記事が多いですね。 おたくは馬場さんの人間性を書けるライターさんは居ないんですか?

 

編集部:手厳しいご意見をありがとうございます。新日サイドの人物への取材になると、どうしてもそちら優先というか、新日サイドに軸足を置いた表現になりがちなのは確かにあると思います。馬場さんの人間性が伝わるようなテーマで記事を考えてみますね。

 

――――――――――――――――――――――――――――――

 

■編集長さんへのご意見~大阪秘密基地に関して~/ペンネーム:マサナビイさん
前から思っていたんですが…イベント的にやるのではなくて、まずは編集長さんを囲んでの10人程度のこじんまりとしたファンミーティング的な集いにしてはいかがでしょうか? カフェとか居酒屋のお座敷のような場所で。演出された趣向ではなくてもっと雑談的にごく自然に盛り上がれる方が、(特に関西の人間のメンタルからすると)馴染みやすい気がします。こういう同年代の方とのお話で楽しみたい気持ちはあるんですが、イベントだとテーマのわりにあまりにも大仰すぎて行きにくいなあと以前から思っていました。昭和のコンテンツが大好きでそこそこ詳しい(テーマブログもやっているぐらいですから)と自負しているワタシでさえそうですので。素人の一読者の意見ですけど、ご参考になればと思い、お送りさせていただきました(^O^)

■ペンネーム:マサナビイさん
先日、身分もわきまえず!? ご意見させていただきましたマナサビイです。大阪秘密基地の記事、拝読しました!前回のようなことにはならず、皆さん集まってくださったようで本当に良かったです♪^^生意気にもご意見なんてしてしまいましたが…実はもし参加者がとても少なかった場合、これで大阪は完全に打ち切り…という事態になるのが残念という思いがあったんです。偶然他の方からも、小さいバーで…というお話が上がっていたんですね(★゚∀゚★) どちらにせよ、継続決定が決まってうれしいです!来年はぜひ参加させていただきますので、こんなワタクシですが(しかも昭和43年生まれ^^;)、どうぞよろしくお願いいたしますM(_ _)M

 

編集部:編集長が開催している大阪でのイベントに関するご意見、ありがとうございました。危機(?)に瀕していた大阪イベントですが、なんとか継続できることになりました。心配をおかけいたしました。今後も応援よろしくお願いします。

 

 

カテゴリー: 編集部員のぼやき
  1. コメントを募集しています。