ホーム > タメ年たちの大活躍! > 【タメ年たちの大活躍!】映画『銀の匙』に出演。

【タメ年たちの大活躍!】映画『銀の匙』に出演。

2014 年 1 月 21 日 編集部員 コメント

映画『銀の匙 Silver Spoon』公式サイト 2014年3月7日公開 (20140121)昭和40年生まれの俳優・吹越 満が3月7日から公開の映画『銀の匙』に出演する。

 

吹越は19歳で青森から上京し、1984年に、久本雅美や柴田理恵、梅垣義明らが所属する人気劇団『WAHAHA本舗』に参加し、劇団活動のかたわらソロとしてさまざまなパフォーマンスを展開。99年に退団した後は、舞台をはじめ、映画、テレビドラマに多数出演しており、これから2月に公開される映画『土竜の唄』、『東京難民』にも重要な役所で登場する。

 

その吹越が今度は映画『銀の匙』に出演。『銀の匙』は週刊少年サンデーに連載中のマンガで、単行本の累計販売1,200万部を超える大ヒット作だ。北海道の農業高校を舞台に、仲間との友情や恋物語、夢と現実の狭間での葛藤、命と向き合う姿など、主人公の目線で酪農と青春が描かれ人気を博している。その実写版で吹越は、主人公・八軒勇吾の父親役で登場。人気マンガの映画実写化とあって原作ファンの注目が集まっている。

 

このコーナーでは昭和40年生まれの活躍を紹介。どんな些細なことでも我こそは!という昭和40年男はぜひ『読者投稿欄』から投稿を!

 

 

 

  1. コメントを募集しています。