ホーム > プロデューサーのつぶやき > 大編集後記その十二。『あしたのジョー』と『傷だらけの天使』で新連載スタート!!

大編集後記その十二。『あしたのジョー』と『傷だらけの天使』で新連載スタート!!

2013 年 7 月 17 日 プロデューサー コメント

コンビニの棚に『昭和40年男』を見つけると、いまだにビックリしてしまう僕だ。次はキヨスク進出を目指すことにするか。

梶原一騎

 

さて、今号より、見開き完結の2つの新連載がスタートした。1つは俺たちの成長にこの人ありということで『梶原一騎論』なる、タイトルそのまんまのページだ。胸にズシっと響く梶原作品を、毎回1つ取り上げて昭和40年男の視点で斬り込む。担当してくれているのは、梶原一騎作品をこよなく愛する昭和40年男の菅原清和で、その熱愛ぶりは『一騎に読め!』を運営管理するほどで、その愛がたっぷりと注がれたページになっている。

 

 

記念すべき第一回で取り上げたのは『あしたのジョー』だ。僕自身、影響を受けたマンガを挙げよと問われれば、まず筆頭にこのタイトルを出すことだろう。これまで何度読み返したことか。社会現象となった作品だが昭和40年男はその騒ぎは知らない。伝説といわれる力石の葬儀も後に聞いた。だからなんだ!! 葬儀に行った連中からはバカにされるかもしれないが「俺たち再放送世代」だとはよく言うセリフで、『ウルトラセブン』と同じく再放送で知りハマった。セブンとちがうのは、後に単行本を古本屋で手に入れて、より夢中になったことだ。

 

S40表紙13号最終*この表紙を作った時の興奮が忘れられないのは、そんな『あしたのジョー』ジャンキーの僕だからであり、この号が実によく売れたことからも堂々と胸を張って叫ぶ!!

「昭和40年男だって『あしたのジョー』世代だーっ」

 

 

今回のページで使ったシーンが、誰もがベストシーンだと疑わない紀ちゃんに真っ白な灰について語るところと、そしてそこから導かれたラストシーンを採用しているのは、誰もが頷くところだろう。そして、いくつになっても涙を誘うじゃないか。

もう1つの連載も響くぞ。テレビがドンドンおもしろくなっていくのを吸いながら生きてきた俺たちだからしっかりと残っている『TVの記憶』だ。こちらも1作品をピックアップしてお届けしていく。力と熱を込めて第一回は『傷だらけの天使』でお届けした。「アキラ〜」「アニキ〜」を教室でいつも真似ていたっけ。『探偵物語』とともに、昭和40年男にとって2大カッコいいドラマだった。が、こっちもほとんどのタメ年たちにとって再放送で惚れ込んだのだった。

 

 

傷だらけの天使

 

 

この連載も昭和40年男の舘谷徹のペンによって斬り込んでいく。最終回に対する彼からのメッセージを、みなさんはどう受け取める?

 

 

 

  1. avatar
    オオサカ☆ヤザワ
    2013年 7月 18日 06:44 | #1

    ジョーも傷天もハマッたわぁ~☆
    今でもショーケンの影響残ってるから、カッコつける時は傷天:修スイッチ!、謙虚な時は前略:サブスイッチ!入って、どちらにしてもグラス片手にシブ~イ顔して眉毛下げてまうなぁ。