編集長のつぶやき

コロナに負けた親父さん。

先日、赤坂に立ち込めた暗雲とタイトルして、赤坂で長年世話になっている寿司屋がコロナの影響で休業を続けていて、70歳を過ぎているからもしかしたら店を閉めてしまうかもしれないとつぶやいた。結果的にこれは不吉なつぶやきとなって

編集長のつぶやき

オーティス・レディングに毎朝おはよう!!

この写真は僕の寝室で、ベッドから見上げるとこんな風にオーティスが歌っている。タメ年諸氏にはあまり馴染み深いシンガーではないだろうが、僕にとってはスーパースターである。忌野清志郎が深く愛したシンガーの1人で、当時はそんな風

編集長のつぶやき

55歳が来る。大晦日が見える。

苦しみ抜いてるヤツにも 何かに怯えるヤツにも  真っ暗闇の俺たちにも 必ず朝は訪れる 平等なんてありえない 永遠なんてありえない 恐怖の中の俺たちにも 咲く一輪の花がある やっとの一歩を踏み出せ やっとの一歩を踏み出せ

編集長のつぶやき

トロロそばから見える極楽浄土!?

夏のそばメニューの中で、地味ながら活躍するのが冷たいトロロそばだ。つけトロとオーダーするのが正しく、写真は浜松町の名店更科布屋のつけトロだ。僕のつぶやきでは最も多く登場する食事処がきっと吉野家とここだろう。先日も僕の極め

編集長のつぶやき

コロナ給付金で65歳の自分へ脅迫!?

「支給されたよ」なんて話がちらほら聞こえてきた一方で、「まだかっ、遅い」なんて怒りの声が上がっているが、俺たち世代があまり目くじら立てるのは無粋ってもんだ。役所には大変な負荷がかかっているのだから、気長に待とうじゃないか

編集長のつぶやき

牛丼のオレ流食い方!!

避けていたわけじゃ決してないが、思わず小柳ルミ子さんの名曲を口ずさんだほど、♪お久しぶ〜り〜ねだった。この一杯の丼こそは昭和な男の食い物であり、ロマンすら感じてしまう俺たちだ。女性や若者を取り込もうと躍起になっている牛丼

編集長のつぶやき

Hot・Dog PRESSの熱きパワー!!

1984年の6月25日号のこいつを編集部で見つけた。そう、お宝がいっぱいあって楽しいのは、さすが『昭和40年男』の工房である。19歳の誕生日を迎える直前に書店に並んでいたんだな。まさしく俺たちがターゲットにされて作り込ま

編集長のつぶやき

アン・ルイスの歌声が聴こえる。

先日、最新号にゴーバンズの森若香織さんに登場していただいたことを起点にして、80年代の女性ロッカーやガールズバンドの記憶の旅に出た。この旅で久しぶりにアン・ルイスさんのことを思い出し、その偉大なる軌跡や影響の大きさを再探

編集長のつぶやき

涙の自由が丘。

編集長のつぶやきとは、なんといいタイトルなんだろう。好き勝手に綴っていいのだという免罪符のような都合のよさが込められている。今日は日頃以上に好き勝手が炸裂だぜ。   今日のつぶやきは、この焼酎ボトルのタグから始

編集長のつぶやき

浅草にてガハハな夜!!

  読者の集い『浅草秘密基地』の舞台となっている『ショットバー FIGARO』が、先々週の金曜日から営業を再開した。僕は先週より、本来イベントが行われるはずの月曜に顔を出している。中断しているのを知らずにやって

編集長のつぶやき

快挙は続くよどこまでも。

まずはお知らせから。月曜日のお楽しみ『浅草秘密基地』の開催はもう少し我慢する。でもね、舞台となっている『ショットバー FIGARO』は元気に営業中なんで、ぜひ自己責任でご来店いただきたい。イベント再開についてはここからア