昭和40年男 うつと自殺
編集部員のぼやき

【好評発売中! 昭和40年男 2017年6月号】うつと自殺の関係。

雑誌受難の時期にあって日々悩み、考えるのですが、やはり雑誌を読むという行為をしない人が増えているのは間違いない事実となりつつあります。残念ながら。こんな時代にどんな雑誌をつくれば受け入れてもらえるだろうか、とはおそらく多

昭和40年男 立花隆
編集部員のぼやき

【好評発売中! 昭和40年男 2017年6月号】立花 隆の考える「死」。

世間では海の王子が話題ですね。「王子」が取りざたされるのはハンカチ王子以来? いや、イギリス王室の話題もありましたか。我が家に関係ありそうな王子といえばティッシュくらいですが、昭和40年男にとって王子といえば…、あれ、意

昭和40年男 ブラック・ジャック
編集部員のぼやき

【好評発売中! 昭和40年男 2017年6月号】『ブラック・ジャック』の衝撃。

ここ数日の間に、体調不良やら何やらが急激に押し寄せてきまして、いやはや変な汗が出まくりで参りました。本誌の健康講座取材で乳酸菌の力を知って以来、ヨーグルトを欠かさず摂取するようになってからというもの、一度も風邪をひいたり

No Picture
編集長のつぶやき

「死」について考える。

昭和40年男だったらいくつかの悲しい死に直面してきたことだろう。気が狂うほどの悲しみを味わった方も多いだろう。今回の特集を眺めていると自分の悲しみをついつい思い出してしまう。 細々とだが音楽活動をあきらめない、しつこい僕

昭和40年男 『太陽にほえろ!』テキサスインタビュー
編集部員のぼやき

【間もなく発売! 昭和40年男 2017年6月号】刑事ドラマにおける殉職の影響とは?

一昨日、府中で開催されたイベント『僕らのポプコンエイジ』に行ってきました。ヤマハ音楽振興会が開催していたアマチュアを対象としたコンテストである『ポピュラーソングコンテスト』出身のミュージシャンたちが集まって、それぞれのス

編集部員のぼやき

最新号(2017年6月号)の巻頭特集は…「死」!?

『昭和40年男』最新号の発売が迫ってきました。何はさておき、表紙を発表しちゃいましょう。 ブラック・ジャックが躍動する鮮烈な黄色と青の表紙はかなりのお気に入りですが、そんなことより「えっ…死、死生学…?」と思った方、いる