【S50ニュース!】『装甲騎兵ボトムズ』より 電池なしで光ってむせる特許基板のiPhone12ケース再登場! 新色・黒も加わって3/2発売 !!

おはこんばんちはです。昭和50年男向け「S50ニュース!」をお送りします。

こちらのニュースでも何度かお伝えしてきた、基板メーカー・電子技販のプリント基板アート雑貨「FLASHシリーズ」の iPhone12用ケース。電池ナシでLEDが光る特許回路搭載の逸品で、先日も『機動戦士ガンダム』バージョン各種を紹介しましたが、今度は『装甲騎兵ボトムズ』バージョンが、激渋なブラックバージョンを追加して再登場!
『ボトムズ』の象徴たる AT (アーマードトルーパー)「スコープドッグ」を基板用CADにより0.1mmの配線パターンで緻密にデザイン。レンズ図とコクピット図も描かれ、テキストは作中世界で使用されている「アストラギウス文字」で表記、LEDが光る位置も赤レンズの精密照準に合わせてあるという、思わずむせるこだわり仕様となっています。
 
iPhone12/Pro、iPhone12 Pro Max は3眼カメラを搭載し、まさにボトムズ、まさにスコープドッグを思わせるモデルゆえ、このケースを装着すれば “完全一致” 状態! 

先週、2021年2月25日に『装甲騎兵ボトムズ Blu-ray Perfect Soldier Box』が発売され、これに合わせて主題歌・サントラが各音楽配信サービスで全世界サブスク解禁。東京・中野ブロードウェイの「墓場の画廊」でも「装甲騎兵ボトムズ展」が 3月4日(木) から 14日(日) まで開催… と、ここにきて盛り上がりを見せている『ボトムズ』。このタイミングでの登場は、ファンの物欲をググッと刺激するハズ?

iPhone12シリーズのバリエーションに合わせた3タイプが用意されており、今回はそれぞれ緑と黒のカラーバリエーションでのリリースです。価格は iPhone 12mini用が 15,000円(+税)12/12Pro用、12Pro Max用が 16,000円(+税)
 
電子技販の「moeco」直販ショップ や全国の取扱店にて本日、2021年 3月2日(火) より発売。ちなみに、iPhone12用ケースの他にも、ICカードケース (緑のみ) が名入れ無料サービス付きで 11,000円(+税) にて発売中です。いずれもオリジナルのギフトボックス梱包が可能だそうで、プレゼントにもオススメ。
 
キリコとともに、地獄まで付き合ってもいい!
さだめとあれば…と心をきめた方は、この後のリリース&リンク先で詳細をチェック!!
 
 
▼FLASH スコープドッグ 基板アート iPhone 12 Pro Maxケース (緑)

 

▼FLASH スコープドッグ 基板アート iPhone 12 Pro Maxケース (黒)

 

▼「moeco」ブランドのギフトボックス
 (昭和40/50年男 “Web担当A”)
 
 
[以下、電子技販
 ニュースリリース より]

再登場「装甲騎兵ボトムズ」と完全一致!?
電池無しでLEDが光る スマホケース “スコープドッグデザイン”
iPhone12用 が 3/2発売

新色・黒も登場! iPhone12ケースでもキリコと地獄に付き合ってもらう。
電話でターレットの熱い視線が突き刺さる…!

株式会社電子技販 (所在地:大阪府吹田市、代表取締役:北山寛樹) は、プリント基板の設計製造技術や設備、デザイン力を使用した基板アート雑貨「FLASHシリーズ」より、アニメ「装甲騎兵ボトムズ」に登場するスコープドッグをデザインした「FLASH iPhone 12 mini用ケース」「FLASH iPhone 12/12 Pro用ケース」「FLASH iPhone 12 Pro Max用ケース」を、2021年 3月2日(火) から販売いたします。「FLASHシリーズ」では、基板の緻密なデザインだけでなく、電波でLEDが光る回路を搭載していることが大きな特長となっています。
※電波でLEDが光る回路は2020年に特許登録済み (特許番号6667777)。
 
 
【製品特長】
基板のプロフェッショナルが本気で作ったプロダクトです。プリント基板用CADでデザインし、本物の基板に、電子部品を実装 (はんだ付け) しています。自社内でCAD設計し、本業で使用している本社工場の表面実装ラインで部品実装しています。基板をデザインする基板CADはデザインソフトではないためマウスで一つ一つ線を引いていきます。「スコープドッグ」は、細い線で0.1mmの配線パターンで緻密にデザインされています。レンズ図とコクピット図も配線パターンで描き、テキストはアストラギウス文字で表記しました。基板は金メッキ処理をしています。
電子部品を実装後、実装部品を保護するためにクリーンルーム (クラス1000) で人の手により表面張力で樹脂がいっぱいになるまで1個1個樹脂でコーティングし、手作業で部品に付いた気泡や樹脂表面の埃を取り除きます。日本で設計、製造しており、全ての商品はRoHS対応品 (鉛不使用商品) です。ギフトボックス梱包でプレゼントとしてもお使いいただけます。
 
<「FLASH iPhoneケース」はなぜ光る?>
iPhone自身が発する電波を電力に変換し、昇圧することでLEDが光ります。通常時は光らず、iPhoneが強い電波を発した時にランダムに光ります。光る仕組みは、基板の裏面にあるアンテナ回路が、iPhoneが発する強い電波をキャッチし、基板の表に回ります。表面には増幅回路が組まれており、徐々に電圧と電流を高めてLEDを光らせています。LEDは1箇所のみです。電波でLEDが光る回路は2020年に特許を取得しました(特許番号 6667777)。
  
【「スコープドッグ」デザインの「FLASH iPhone 12シリーズ用ケース」】
FLASH スコープドッグ 基板アート iPhoneケースは、電池無しでスコープドッグの精密照準レンズ部に実装した赤色LEDが1個、iPhone自身が発する電波を電力に変換し、昇圧することで光ります。通常時は光らず、強い電波を発した時に光ります。iPhoneの電波で光るためランダムで光ります。情報量の多いGoogleマップやアプリを使用した時や、エレベータや地下街でiPhoneが位置情報を探している時などに光りやすいです。
光る仕組みは、基板の裏面にあるアンテナ回路が、iPhoneが発する微弱な電波をキャッチし、基板の表に回ります。表面には増幅回路が組まれており、電圧と電流を高めてLEDを光らせています。
レンズ図とコクピット図も配線パターンで描き、テキストはアストラギウス文字で表記しました。
iPhone 12 miniケースとiPhone 12/12 Proケース、iPhone 12 Pro Maxケースにはストラップホールが付いています。
 
 
■製品仕様

▼FLASH スコープドッグ 基板アート iPhone 12 miniケース
価格    : 15,000円 (税別)
カラー   : 緑・黒
サイズ   : 135mm × 67.5mm × 11mm
重さ    : 37g
使用電子部品: IC (1点)、LED (1点)、抵抗 (1点)、ダイオード (12点)、コンデンサ (12点)

 

▼FLASH スコープドッグ 基板アート iPhone 12/12 Proケース
価格    : 16,000円 (税別)
カラー   : 緑・黒
サイズ   : 150.5mm × 75mm × 11mm
重さ    : 46g
使用電子部品: IC (1点)、LED (1点)、抵抗 (1点)、ダイオード (12点)、コンデンサ (12点)

 

▼FLASH スコープドッグ 基板アート iPhone 12 Pro Maxケース
価格    : 16,000円 (税別)
カラー   : 緑・黒
サイズ   : 164mm × 81.5mm × 11mm
重さ    : 53g
使用電子部品: IC (1点)、LED (1点)、抵抗 (1点)、ダイオード (12点)、コンデンサ (12点)

 

Qi (ワイヤレス給電) の発熱が高熱になる場合、クリア樹脂が劣化する恐れがあります。配線パターンの金属が干渉し Qi で充電できない場合がありますのでライトニングケーブルでの充電を推奨します。MagSafeが使えるか不明です。

【取扱店舗】
■電子技販 通販サイト「PBC ART moeco」
 直販ショップ  : https://pcbartmoeco.jp
 Amazon.co.jp: https://www.amazon.co.jp/moeco/
■全国実店舗一覧
 https://pcbartmoeco.jp/shop_list_jp/
 
 
【関連動画】

PCB ART moecoムービー (日本語 & ENGLISH)
https://www.youtube.com/watch?v=OXEHW9eEW1Y

 
製造工程ムービー (日本語版)
https://youtu.be/6BE2AiSPwRE

 
 
【株式会社電子技販について】
2021年で設立45年を迎えます。メイン事業は基板設計製造業で、空港、鉄道、バスや病院など社会インフラ設備や産業機械の信頼性が必要な基板を製造しています。2014年より基板雑貨事業に参入し、緻密なデザインとサプライズ感のある商品を展開しています。

 
<受賞歴 雑貨事業のみ>
2015年 経済産業省 The Wonder 500 認定
2015年 大阪ギフトショー秋 新製品コンテスト大賞
2017年 大阪府「大阪製ブランド」優秀優良製品
2019年 東京ギフトショー秋 新製品コンテスト大賞
 
 
【会社概要】
名称   : 株式会社電子技販
代表取締役: 北山 寛樹 (キタヤマ ヒロキ)
設立   : 1976 (昭和51) 年
本社工場 : 大阪府吹田市豊津町62-8
事業内容 : プリント基板の設計製造、電子部品の販売、基板雑貨事業
URL    : http://www.denshi-gihan.co.jp
 

(c) サンライズ
 


 
■SNSも展開中…フォローよろしくお願いします! シェアもゼヒ~!
 
『昭和40年男』
 Facebook https://www.facebook.com/crete.s40otoko
 Twitter     @s40otoko https://twitter.com/s40otoko
 
『昭和50年男』
 Twitter     @s50otoko https://twitter.com/s50otoko

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

最初のコメントをしてみませんか?

お気軽にコメントをどうぞ

メールアドレスは入力しても公開されることはありませんのでご安心下さい。


*