第86話 最後の夜。(2)

 
昨夜7時ごろから、計6本の酒宴へのお誘い電話をいただいた。
そう、モーターショーの初日なのである。
バイク業界にとってはものすごく重要な日で、
俺はいろんな打ち上げに顔を出すのがこの2年に一度の祭りの恒例になっている。

最後の誘いはなんと日付が変わって朝の3時過ぎ。
みんな元気だよ。
「コッチはまだやってるんだ。もういいじゃん、今日は終わりにしなよ」
電話の向こう側の盛り上がりが伝わってくる。
「いやあ、今回新創刊なんですよ。朝までがリミットで」
意味はスグに理解してくれる。
「そうか、悪かったね」

こんな時間に誘ってくれることや、
すぐにわかってくれることが胸に熱く沁みる。
なんだか感情の起伏が激しくなっているのは
この長かった作業が終わりに近付いているからだな。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

最初のコメントをしてみませんか?

お気軽にコメントをどうぞ

メールアドレスは入力しても公開されることはありませんのでご安心下さい。


*