【S50ニュース!】期待の新展開!? カプコンと手塚プロが初コラボ! 宝塚・手塚治虫記念館で「CAPCOM vs. 手塚治虫CHARACTERS」が10/23から開催決定。まさに夢の競演が実現!!

おはこんばんちはです。昭和40/50年男(仮)です。
1975年生まれの昭和50年男世代=40代向け…「S50ニュース!」をお届けします。
 
今年は福岡市科学館で「ストリートファイター『俺より強いやつらの世界展』」も開催しているカプコンが、今度は手塚プロダクションとの初コラボレーションによる展覧会を開催! 
 
「CAPCOM vs. 手塚治虫CHARACTERS」と題し、手塚治虫ゆかりの地・兵庫県宝塚市にある手塚治虫記念館にて、2020年10月23日(金)~2021年2月23日(火)の会期で企画展示を行うことが発表されました。
 
カプコン作品と手塚治虫作品、それぞれの歴史をひもとく原画や企画書、映像、立体物に加え、描き下ろし新作イラストの展示も予定しているそうですよ。
この描き下ろしイラストは、カプコンのクリエイターが『鉄腕アトム』や『火の鳥』をはじめとする手塚治虫キャラクターを、手塚プロダクションのクリエイターが『ロックマン』や『モンスターハンター』などのカプコンキャラクターを、クロスする形で担当。まさに夢の競演!と呼ぶにふさわしい珠玉の作品が出展されるとか。今回発表された展覧会のビジュアルには『ストリートファイター』シリーズの春麗や、『魔界村』のアーサーなども描かれており、否が応でも期待が高まりますね~。
 
カプコンのコラボといえば、昭和50年男世代にとっては1996年登場の対戦格闘ゲーム『X-MEN VS. STREET FIGHTER』を皮切りとした『マーヴル・スーパーヒーローズ VS. ストリートファイター』(’97)、『MARVEL VS. CAPCOM』(’98) のシリーズなど、マーベル・コミックとの一連のコラボ作品がお馴染みじゃないかと思いますが、その後もさらに、『CAPCOM VS. SNK』(2000)、『NAMCO x CAPCOM (ナムコ クロス カプコン)』(2005)、『タツノコ VS. CAPCOM』(2008)など、様々なコラボ、クロスオーバータイトルを発表してきた歴史があるんですよね。
 

それだけに、ネット上では早くも、今回のビジュアルを見たファンから「これはワクワクする!」「イラストだけでなく、ぜひゲーム化してほしい!」といった声が上がっているようです。そうした声が高まれば、本当にそんなコトもあり得るかも…? ということで、さらなる新展開にも期待しちゃいましょう!
 
 
(以下、ニュースリリース より抜粋)

株式会社カプコンは、当社の人気コンテンツと手塚プロダクションとの初のコラボレーション企画である「CAPCOM vs. 手塚治虫CHARACTERS」への協力を決定しましたのでお知らせいたします。

今後も当社は、ワンコンテンツ・マルチユース戦略に基づき、自社で保有する豊富なゲームコンテンツの多面展開を推進し、更なる収益機会の創出やコンテンツ価値の最大化に努めてまいります。
 

1. 企画名 CAPCOM vs. 手塚治虫CHARACTERS
2. 実施場所 宝塚市立手塚治虫記念館(兵庫県宝塚市)
3. 実施期間 2020年10月23日(金)~2021年2月23日(火)

 

(c) CAPCOM CO.,LTD. ALL RIGHTS RESERVED.
(c) CAPCOM U.S.A.,INC. ALL RIGHTS RESERVED.
(c) TEZUKA PRODUCTIONS


 
■SNSも展開中! フォローよろしくお願いします!
 
『昭和40年男』
 Facebook https://www.facebook.com/crete.s40otoko
 Twitter     @s40otoko https://twitter.com/s40otoko
 
『昭和50年男』
 Twitter     @s50otoko https://twitter.com/s50otoko

最初のコメントをしてみませんか?

お気軽にコメントをどうぞ

メールアドレスは入力しても公開されることはありませんのでご安心下さい。


*