【S40News!】写真で見る全日本模型ホビーショー。

本日から一般公開になる全日本模型ホビーショーのプレスデーに行ってきた。昭和40年男に興味のありそうなところをいろいろと紹介してみたい。


85年に発売された京商の4WDラジコン、オプティマ。一躍人気になった名車だ。実に懐かしい。1/24サイズのラジコン・ミニッツレーサーとしてリバイバルされることになっていて、そのブースに展示してあった。


ABCホビーのラジコン、CR-X。同社のシリーズはライトアップ可能なのが大きな特徴。


同じくABCホビーの前輪駆動ラジコンシリーズ・ガンベイドのホンダ・シティターボIIブルドッグ。


ニッサン・フェアレディZ(S130)のボディ作例。ライト点灯が実に映えるボディである。


R30スカイラインの西部警察仕様のボディ作例。カッコイイ!


京商で紹介されていたのが、パロット社のクアッドヘリコプター。その名の通り、4つのプロペラを持つヘリコプターで、なんとiPhoneで操作可能。また、カメラが搭載されており、その画像をiPhoneに映しだすというからおもしろい。


SAITOの蒸気機関エンジン。大型船のラジコンに搭載するものだという。これはBT1-L型といって、縦型シリンダーによって比較的小型の船にも搭載できるコンパクトさが魅力だ。


SAITOの蒸気機関エンジンを搭載したスチーム外輪船『ヴィクトリア』。こんな風にエンジンが搭載される。


フタバのラジコンヘリ・ラジコン飛行機用のプロポ『18MZ』。なんとカラー液晶が搭載されていて、ここに内蔵カメラでの撮影、各サーボの動作状況の確認・設定などが可能。


12月に再販予定のタミヤの1/12スズキ・ガンマ。レーサーレプリカブームを巻き起こした名車だ。


タミヤの1/12ホンダCB1100R。12月発売予定。初期モデルだ。


タミヤから12月に再販予定の1/6ホンダMB50。


タミヤのラジコントレーラーヘッド『MAN TGX18.540』。1/14の巨大モデルで、トラックならではのアクションサウンド、車体振動、ライトの点灯などが再現される。圧倒的な存在感だ。


タミヤから再販予定のラジコン『アタックバギー』。84年に発売されて人気になったモデルだ。ドライバーの表情も凛々しい!


先日も紹介したタミヤのデューンバギーも展示。なぜか悪そうな顔のドライバー。


プラッツの超巨大戦車。スケールは1/6というからびっくり。


プラッツの巨大サターンVロケットは1/72だ。このメーカーは巨大モデルに注力しているのか!?


フジミの1/24ランボルギーニ・アヴェンタドールは12月発売。


JS河合のF14Aトムキャットもなんと1/18と超巨大。手前に置いた小さいのは筆者のICレコーダー。大きさが伝わるだろうか。

最初のコメントをしてみませんか?

お気軽にコメントをどうぞ

メールアドレスは入力しても公開されることはありませんのでご安心下さい。


*