シティ・ポップをわかりやすく解説。“CITY POP on VINYL”×『萩原健太のotonanoラジオ』コラボYouTube動画の第3回が公開!

1970年代後半から1980年代にかけて、都会的かつ洗練された洋楽志向でそのジャンルを確立したシティ・ポップ。まさに昭和40年男たちの青春真っ只中に登場した音楽の数々が、今再び注目を集めています。当時を知らない若い世代、さらには海外でもブレイクしているというシティ・ポップをわかりやすく解説してくれる動画コンテンツ「竹内アンナのスクール・オブ・シティ・ポップ」の第3回が8月22日(土)に公開されました。講師に、あの『平成名物TV 三宅裕司のいかすバンド天国』の審査員としてもお馴染み、音楽評論家の萩原健太さんをお迎えしてお届けする、“CITY POP on VINYL”×『萩原健太のotonanoラジオ』コラボYouTube動画をぜひお楽しみください!

以下、リリースより

国内だけでなく海外からも最近急速に注目を集めている日本の“シティ・ポップ”。
そのアナログ・レコードにフォーカスを当てたユニークなイベント“CITY POP on VINYL”
(主催:東洋化成株式会社)が8月8日に開催された。

 ソニー・ミュージックダイレクトのアナログ専門アナログ専門レーベル“GREAT TRACKS”からは
36タイトルがエントリー。細野晴臣、山下達郎『Pacific』、吉田美奈子の各アルバム、米光美保『恋は流星 SHOOTING STAR OF LOVE / MOONLIT MERCY』などが好セールスを上げている。
この“CITY POP on VINYL”開催に合わせ、ソニー・ミュージックダイレクトの公式ウェブサイト
“otonano”では、シティ・ポップの魅力に迫る動画コンテンツ「竹内アンナのスクール・オブ・シティ・ポップ」第3回が8月22日(土)正午12:00に公開された。

ファースト・アルバム『MATOUSIC』(インペリアルレコード)のアナログLPがこのイベントにあわせてリリースされた、シンガーソングライター、竹内アンナと、FMヨコハマ『otonanoラジオ』(毎週月曜深夜0時~)のMCを務める音楽評論家、萩原健太が、さまざまな名盤を取り上げながら、日本発の非凡なサウンドとして再発見/再評価されているシティ・ポップについて語り合うこのコンテンツ。
今回は矢野顕子『オーエスオーエス』と佐野元春『BACK TO THE STREET』を中心に、シティ・ポップにおける歌のあり方や、詞の世界観の進化について掘り下げている。
また、FMヨコハマ『萩原健太のotonanoラジオ』8月24日(月)の放送でもふたりのトークによるシティ・ポップ特集がオンエアされる。映像版とはまた異なる内容で、あわせて聴いておきたい。

 ●“CITY POP on VINYL”otonanoウェブサイト
    https://www.110107.com/CITYPOPonVINYL
    ソニー・ミュージックダイレクトより“CITY POP on VINYL”に36タイトルのアイテムを出品。

●“CITY POP on VINYL”公式ウェブサイト
   https://onvinyl.jp/

●萩原健太(はぎわら・けんた)
1956年生まれ。 早稲田大学法学部卒。 早川書房に入社後、 フリーに。 TBS系『三宅裕司のいかすバンド天国』(’89~’90年)の審査員として出演。 テレビ朝日系『タモリ倶楽部』の「空耳アワード」(’93年~)審査員も担当。 また、 音楽評論の傍ら、 音楽プロデュース、 コンサート演出、 作曲等も手がける。 主なプロデュース作品に米米CLUB『Go Funk』『米米CLUB』、 山崎まさよし『HOME』、 憂歌団『知ってるかい!?』、 鈴木雅之『ファンキー・フラッグ』など。 また、 自らもギタリストとして多くのユニット楽曲にも参加している。

 Kenta’s…Nothing But Pop!
https://kenta45rpm.com/

●竹内アンナ(たけうち・あんな)
1998年4月25日、アメリカ・ロサンゼルス生まれ日本・京都在住。
幼少より親の影響で70年代や80年代の音楽に触れ、中学1年生でギターを弾き始める。
アコースティック・ギターにスラッピングを取り入れたプレイスタイルと、透明感のある歌声が各所話題になり、2018年3月アメリカ・テキサス州オースティンで行われた大型フェス「SXSW 2018」に弱冠19歳で出演。
合わせてニューヨークからサンフランシスコまで、全米7都市を回る「Japan Nite US tour 2018」にも参加。
帰国後、地元関西限定で急きょCDをリリース、表題曲「alright」が全国のラジオ局で大プッシュされ、同年8月8日にテイチクエンタテインメントより4曲入りE.P『at ONE』でメジャー・デビュー、収録曲「ALRIGHT」の勢いは更に加速し全国22ヶ所のパワープレイを獲得。
2019年1月23日には2nd E.P『at TWO』をリリースし「Free! Free! Free!」がサブスクリプションで支持をされ、多くのプレイリストで共有される。
6月26日に3rd E.P『at THREE』、9月27日に”堂島孝平 with 竹内アンナ”名義で「やや群青」、11月27日には初のデジタルシングル「B.M.B」、2020年2月には崎山蒼志がエレキギターで参加した「I My Me My Self」を発表した。
そして2020年3月18日には待望の1st ALBUM『MATOUSIC』をリリース。収録楽曲「RIDE ON WEEKEND」はWOWOWオリジナルドラマ「有村架純の撮休」主題歌へ書き下ろした楽曲としても話題になった。

 竹内アンナオフィシャルサイト
 https://takeuchianna.com/

YouTube動画「竹内アンナのスクール・オブ・シティ・ポップ」の第3回をぜひご覧ください。

最初のコメントをしてみませんか?

お気軽にコメントをどうぞ

メールアドレスは入力しても公開されることはありませんのでご安心下さい。


*