【昭和50年男】9月号/vol.006 は…今日、発売で~す♪ 「オレたちを熱狂させたブランド」特集より「Air Max 95の衝撃」をちょい見せ!

おはこんばんちはです。編集部の “フクヘン?A” (仮) です。
 
ドンドンヒャララ~ドンヒャララ~♪ 『昭和50年男』は…今日、発売で~す!
 
というワケで、例によって(?) しつこくかつての “週刊〇潮” CM風に始めてみましたが、
「オレたちを熱狂させたブランド」特集の 2020年9月号/vol.006、
おかげサマーで本日 8月11日(火) 、発売となりました!
Twitterでは、早くもご購入いただいた方々のツイートが続々と… ありがとうございま~す!

それにしても、表紙を飾ったまさに歴史的レジェンドなスニーカー、イエローグラデの「Air Max 95」を見て、社会問題となった「エアマックス狩り」を思い出した…という人もやはり多かったみたいです。

1980~90年代は、スタイルこそヤンキー → チーマーと移り変わりつつも、街中には怖~いお兄さん方がウロウロ。エアマックス以前には「ドラクエ狩り」なんてのもありましたが、せっかくやっとのことでお宝アイテムをゲットしても、それを狙う悪のハンターにうっかりエンカウントして奪われてしまう、オソロシイ時代でもあったんですよねぇ…。

 
まぁ、ある意味「○○狩り」が現れるぐらいになると、正真正銘の超絶大ヒットアイテム認定、ということだったのかもしれません。
 
と、それはさておき。
せっかくなので特集本編の「Air Max 95」記事も “ちょい見せ” でご紹介しちゃいましょう~。
 

特集/オレたちを熱狂させたブランド
<CHAPTER 2 LIFE
「スニーカーがオシャレアイテムになった― Air Max 95の衝撃… p.028~029
 

“アスリートのために作られたはずのスニーカーが、ファッショニスタたちの足元を飾り、社会現象まで巻き起こした──今もなお伝説として語られる銘品、ナイキ「エアマックス 95」。その登場は俺たちのスニーカーに対する思いも、スタイルも、180度変えてしまった!”


 
こちらの記事では、スニーカー専門のセレクトショップとして知られる「アトモス」のディレクター、小島康文氏に取材。自身も大のナイキフリークで青春時代の想い出のスニーカーはやはり「Air Max 95」という氏に、スニーカーブーム当時の熱狂について語ってもらっています。ブームが巻き起こったカラクリ(?)についても触れられていて、そういうことだったのか! と膝を打つ読者の方もいることでしょう。
 
偉大なレジェンドにしてクラシックということで、2~3年に一度は復刻されている「Air Max 95」ですが、次々とシリーズの新モデルが発売されているにもかかわらず、なかなかそれに並び、超えるようなスニーカーが現れないジレンマ…というのもあるみたいです。これは他のあらゆるジャンルでも見られる状況かもしれませんね…。

 
 
…といったところで、今号の誌面ちょい見せ、第1弾でした。
しばらくは、こうしていろんな記事を続けてちょい見せしていきたいと思います。
 
まだまだ、たくさんの “ブランド” が、そして憧れのお宝アイテムも登場する
『昭和50年男』9月号/vol.006「オレたちを熱狂させたブランド特集。

まだご覧になられていない方も、ゼヒぜひお手に取ってみてください!
 


 
■SNSも展開中! フォローよろしくお願いします!
 
『昭和40年男』
 Facebook https://www.facebook.com/crete.s40otoko
 Twitter     @s40otoko https://twitter.com/s40otoko
 
『昭和50年男』
 Twitter     @s50otoko https://twitter.com/s50otoko

最初のコメントをしてみませんか?

お気軽にコメントをどうぞ

メールアドレスは入力しても公開されることはありませんのでご安心下さい。


*