【S40News!】ロータリーエンジンに終焉。

マツダは同社が発売する世界唯一のロータリーエンジン搭載車『RX-8』の生産を2012年6月で終了することを明らかにした。最後の特別仕様車「RX-8 SPIRIT R(スピリットアール)」を11月24日に発売する。

同社の代表取締役会長 社長兼CEOである山内孝氏が「『RX-8』の生産は終了しますが、ロータリーエンジンがマツダの魂のひとつであることに変わりはありません」と今後もロータリーエンジンの研究・開発を継続していくことを明らかにしているものの、これまで長きにわたって生産・販売してきたロータリーの血脈が途絶えることとなる。先日のスティーブ・ジョブズの逝去に続き、時代の変化を感じさせる寂しいニュースとなった。

最後の特別仕様車となる「SPIRIT R」は、『RX-7』の最後の特別仕様車に採用されたもので、同社のロータリーに対する思い入れを感じる。

最初のコメントをしてみませんか?

お気軽にコメントをどうぞ

メールアドレスは入力しても公開されることはありませんのでご安心下さい。


*