今年の夏は「一番くじ」で昆虫採集しようゼ! ヘラクレスオオカブトなど世界最大級の昆虫がほぼ原寸サイズのフィギュアになって新登場!!

まず最初に… 今回は 昆虫ネタ! 虫が苦手な人はご注意を!

BANDAI SPIRITS ロト・イノベーション事業部より、ハズレなしのキャラクターくじ最新作「一番くじ 昆虫 LIFE with INSECT」(1回680円 税込) が、書店、ホビーショップ、ゲームセンター、総合スーパーなどで、2020年7月30日(木) より順次発売となります!
一応最初に、虫嫌いの人はご注意!としたものの、先日の

▲A賞:ヘラクレスオオカブトフィギュア (全1種) 約18cm
▲B賞:ギラファノコギリクワガタフィギュア (全1種) 約12cm

くじの上位等級には、世界最大サイズの昆虫である「ヘラクレスオオカブト」「ギラファノコギリクワガタ」「ゴライアスオオツノハナムグリ」「ジャイアント・ウェタ」を、ほぼ原寸サイズで忠実に再現したリアルフィギュアをドドンと用意。その他にも、「セミの抜け殻カードスタンド」「アゲハ幼虫コードフィギュア」「カブトムシ幼虫ペンスタンド」など、デスク周りで使える原寸大昆虫フィギュアもあります。

▲E賞:デスクトップフィギュア (全3種) 約4~6cm

下位等級にも、昆虫を墨絵で描き上げた デザインタオル や、日本に生息する昆虫の 原寸アクリルキーホルダー など魅力的なアイテムがそろい、さらにラストワン賞には、ヘラクレスオオカブトの亜種「ヘラクレスリッキーブルー」のリアルフィギュアが用意されています。

▲F賞:タオル (全6種) 約25cm
▲G賞: アクリルキーホルダー (全10種) 約8~13cm

いずれも昆虫好きにはたまらない珠玉のラインナップ! まさに図鑑から跳び出てきたような魅惑の昆虫たち… この夏、一番くじにチャレンジしてコレクションしてみては?

 

(以下、ニュースリリース より抜粋)

■等級一覧
・A賞:ヘラクレスオオカブトフィギュア(全1種) 約18cm

 最大体長180mmをほぼ原寸大でフィギュア化。

・B賞:ギラファノコギリクワガタフィギュア(全1種) 約12cm
 最大体長120mmをほぼ原寸大でフィギュア化。

・C賞:ゴライアスオオツノハナムグリフィギュア(全1種) 約11cm
 最大体長110mmをほぼ原寸大でフィギュア化。

・D賞:ジャイアント・ウェタフィギュア(全1種) 約10cm
 最大体長100mmをほぼ原寸大でフィギュア化。

・E賞:デスクトップフィギュア(全3種) 約4~6cm
 セミの抜け殻カードスタンド、アゲハ幼虫コードフィギュア、
 カブトムシ幼虫ペンスタンドなどデスク周りで遊べる
 原寸大昆虫デスクトップフィギュアです。

・F賞:タオル(全6種) 約25cm
 墨絵師 御歌頭(おかず)コラボの墨絵デザインのタオルです。
 昆虫達を墨絵ならではの大迫力アレンジで力強く再現。

・G賞:アクリルキーホルダー(全10種) 約8~13cm
 日本に生息する人気の昆虫たちがほぼ原寸大でアクリルキーホルダーになって大集合。

・ラストワン賞:ヘラクレスリッキーブルーフィギュア 約18cm
 最大体長180mmをほぼ原寸大でフィギュア化。

・ダブルチャンスキャンペーン:ヘラクレスリッキーブルーフィギュア 合計30個
 ※賞品とパッケージは、ラストワン賞と同仕様になります。

■商品概要
・商品名  : 一番くじ 昆虫 LIFE with INSECT
        ( https://bpnavi.jp/t/insect/ )
・価格   : 1回 680円(税込)
・種類数  : 全7等級23種+ラストワン賞
・販売ルート: 書店、ホビーショップ、ゲームセンター、総合スーパーなど
・販売開始日: 2020年7月30日(木)より順次発売予定
・発売元  : 株式会社 BANDAI SPIRITS

※店舗によりお取り扱いのない場合や発売時期が異なる場合があります。
 なくなり次第終了となります。
※画像と実際の商品とは異なる場合があります。
※掲載されている内容は予告なく変更する場合があります。
※「一番くじ」および「ラストワン」「ダブルチャンス」は登録商標です。

■「一番くじ」について
 コンビニエンスストアやアミューズメント施設などで購入できる、
 BANDAI SPIRITSのキャラクターくじです。



■「ヘラクレスオオカブト」について
学名:Dynastes hercules
コウチュウ目/コガネムシ科/コガネムシ亜科/オオカブト族/オオツノカブト属

ギリシャ神話最大の英雄「ヘラクレス」にちなむ世界最長のカブトムシ。メキシコ南部からブラジル中央部の広大なエリアに分布しており、全部で13亜種に分けられている。

最大の特徴である2本の角は胸部から1本、頭部から1本生えており、胸角は体長の半分近くまで達する個体も存在する。オスの上翅は黄土色をした個体が多く、稀に灰白色の個体が見られる。成虫は樹液に集まり灯火にも飛来する。エクアドルでは現地でコルカと呼ばれる木の樹液に集まる様子が観察されている。飼育下では幼虫期間が1年半~2年、成虫の寿命は6ヶ月程度で1年以上生きることは稀である。飼育下では2017年に181mmのオスが記録されている。

 


■「ギラファノコギリクワガタ」について

学名: Prosopocoilus giraffa
コウチュウ目/コガネムシ上科/クワガタムシ科/ノコギリクワガタ属

マンディブラリスフタマタクワガタと双璧を成す、世界最大級のクワガタムシとされている。体形は全体に扁平で、体色は黒色。大型のオスは、大あごの先端部から約1/3のところに大きな内歯があり、先端部の内側にはカギ状の小さな内歯ある。中国南部から東南アジア一帯に広く分布しているが、インドネシアのフローレス島に分布する個体群が特に大型になり、オスの最大は120mmを超す個体が記録されている。地域により発生時期が異なり、インドネシアでは2月~6月、インドシナ半島では7月~8月、フィリピンでは10月~12月に発生のピークを迎える。種名の「ギラファ」は大型哺乳類のキリン由来するものである。


■「ゴライアスオオツノハナムグリ」について
学名: Goliathus goliathus
コウチュウ目/コガネムシ科/コガネムシ亜科/カナブン族/オオツノハナムグリ属

最大体長が110mmに達する、世界最大、最重量のハナムグリ。カメルーン、コンゴなど熱帯アフリカに分布する。オスは頭部に短い角を持ち、先端部に二又状の突起をそなえ、背面は茶~黒色の被覆物で全体が覆われる。メスは角がなく背面に茶~黒色部の光沢がある個体が多い。カメルーン産は上翅に赤みの強い個体が多く出現し、白化型と呼ばれる変異の出現率も非常に高い。白化のパターンは一定せず多数の変異が報告されているが、極端な白化型でquadrimaculatusと呼ばれる型は上翅に黒~茶の部分がなく、至極の美しさを見せる。種名のGoliathusは旧約聖書のサムエル記に登場する巨人ゴリアテ「Goliath」が由来。


■「ジャイアント・ウェタ」について
学名: Deinacrida heteracantha
バッタ目/キリギリス亜目/カマドウマ上科/カマドウマ科/カマドウマ亜科/カマドウマ属

ニュージーランド固有の種で、翅をもたないカマドウマの仲間。最大体長は100mmで、平均体重は35g程度であるが、70gを超す個体も記録されている。ニュージーランド本土のジャイアント・ウェタは環境の変化や、人間が持ち込んだ外来哺乳類による捕食により絶滅してしまい、現在はニュージーランドの北東の沖合にあるリトルバリア島にのみ生息している。オークランド沖合にあるティリティリ島では人工飼育された個体が放たれ保護されている。日中は木のうろの中や草の下などに身を隠し夜間に活動し、オスがメスから約25cm離れてついていく様子が夜間に観察されたことがある。成虫寿命は長く2年ほど生きた記録がある。

■「ヘラクレスリッキーブルー」について
学名: Dynastes hercules lichy
コウチュウ目/コガネムシ科/コガネムシ亜科/オオカブト族/オオツノカブト属ギリシャ神話最大の英雄「ヘラクレス」にちなむ世界最長のカブトムシ。コロンビア~エクアドルに分布するヘラクレスオオカブトの亜種リッキーの上翅の色が灰白色でわずかに青みを帯びた個体を「ヘラクレスリッキーブルー」と呼んでいる。自然界でもごくまれに発見され、その出現率は0.1%以下である。青みを帯びた個体は胸角に生えている微毛が抜けている個体が多いことから、長期間野外で活動している間に、紫外線を受け上翅のクチクラ層が破壊され後天的な影響により上翅の色が変化した可能性もある。ヘラクレスオオカブトの上翅に紫外線ランプを照射し、クチクラ層を破壊して人工的にブルーヘラクレスを作ることも可能。



【一般のお客様からのお問い合わせ先】

BANDAI SPIRITS お客様相談センター
http://support.bandaispirits.co.jp
ナビダイヤル: 0570-078-001
受付時間  : 10時~17時(土、日、祝日、夏季・冬季休業日を除く)

(c)BANDAI SPIRITS

 



■SNSも展開中! フォローよろしくお願いします!

『昭和40年男』
 Facebook https://www.facebook.com/crete.s40otoko
 Twitter     @s40otoko https://twitter.com/s40otoko

『昭和50年男』
 Twitter     @s50otoko https://twitter.com/s50otoko

最初のコメントをしてみませんか?

お気軽にコメントをどうぞ

メールアドレスは入力しても公開されることはありませんのでご安心下さい。


*