炭酸水がもついろんな効果!の巻

ここ数年、自宅で簡単に炭酸水が作れるというソーダマシンが人気をあつめ、最近ではホームセンターやイオンなどの大型スーパーでもごく普通に見かけます。皆さんも一度は目にしたことがあるのではないでしょうか。本体価格は1~2万円ほどで、専用のガスシリンダーを使って手軽に炭酸水が作れるというものです。一般的なメーカーのもので500mlあたり18円くらいのコストだということですから、当然ペットボトル入りのものを購入するよりは安く、たくさん買う人なら、あっという間に本体の価格のもとは取れてしまいます。

 

炭酸水といえば、ハイボールや酎ハイなどのアルコールを割るための素材というイメージが強いという人が多いと思いますが、実際そういった用途に加え、アルコール含まない清涼飲料なども合わせると、ほとんどが嗜好品飲料として消費されているようです。自宅で作った新鮮な炭酸水(しかも、好みの強度が選べるマシンもあります)で、果汁100%の自家製フルーツソーダだって簡単にできちゃいますから、このソーダマシンが若い世代を中心に人気があるというのもうなずけます。

そんな炭酸水にはおいしい飲み物を作るだけではない使い方や、摂取の仕方によってちょっとうれしい効果が期待できるという効能もあると言われていますので、そのいくつかをご紹介します。

胃腸の調子も整えてくれる?

炭酸水とは二酸化炭素(炭酸ガス)を含んだ水ですから、体内に取り入れると、血管内の二酸化炭素量が増えて、通常の酸素と二酸化炭素のバランスが崩れます。通常より二酸化炭素の割合が増えた状態を、細胞は「酸欠状態」と認識して、酸素の流通を増やすために血管を拡張させます。結果として血流がよくなるため、炭酸水を摂取するのが健康にいいというのはどうもそういう理由のようです。また、NHKの某番組などでも紹介されていましたので、ご存じの方も多いと思いますが、炭酸水は胃腸の働きをよくしてくれるので、便秘なども改善されるそうです。食事の前に多めに飲めば、食べ過ぎも防げるので、ダイエットの手助けもしてくれるんです。とはいえ、炭酸が苦手な人もいますよね…かくいう私もどちらかというと苦手なほうで、あのシュワシュワが強すぎるのは全然だめで、コーラなどの炭酸飲料もほとんど飲みません。ましてや、味のついていない炭酸水なんて、飲む機会は全くと言っていいほど無いに等しいです。でも、血流がよくなる、胃腸の調子がよくなるなんて聞くと苦手な人でも、飲んでみようかな?という気になりませんか?

Author: Nevit Dilmen

では、一体どのくらい飲めばその効果があるのでしょうか? 実は、1日に150mlほど飲むだけでも効果があると言われています。このくらいの量なら、朝昼と分ければ飲めそうな量です! ダイエット目的なら食事の前に500mlほど飲めば、空腹感を抑えられるそうですが、この頑張らない健康コラムで時々登場する「過ぎたるはなお及ばざるがごとし」で、あまり飲み過ぎるのはよくないそうなので、どんなにやせたくても、毎食500mlまでを目安に飲んでください。

飲むだけじゃない!

女性の方はご存じかもしれませんが、あのシュワシュワで顔を洗うと毛穴汚れが取れて、肌がきれいになるというのですから、ぜひ一度試してみてはいかがでしょう? 最近は男性でもスキンケアに熱心な方が増え、マメにお手入れしているという人もいるようですが、基本はなんといっても汚れを落とすことです。洗顔前に洗面器に炭酸水を入れて(1~2Lほど)目をつぶって顔をひたします(絶対に目を開けないことを強くおすすめします)。これは顔を湿らせるのが目的なので、この時にゴシゴシこすってはだめです。その後洗顔フォームなどで洗い、すすぎはきれいな炭酸水をつかって丁寧に!これで毛穴に詰まった汚れもきれいになって、清潔感アップ!好感度アップ!です。

そしてご飯にもいいんです。

普通ご飯を炊く時はお水を入れますが、その代わりに炭酸水を入れて炊くと、ご飯がふっくらつやつやでおいしくなるというのですから、ご飯にはこだわりがある!という方はぜひ一度試してみてはいかがですか? 方法はとっても簡単、普通にお水でお米を砥いだら、普段炊く時と同じ分量の炭酸水を入れるだけ。それだけです!(と言いつつ、知っていながら今までやったことがなかった私…)。同量のお米が「増えた!」と思うほどふっくらするそうなので、今日早速炭酸水を買って帰ってふっくらご飯に挑戦してみま~す。

う~ん、この炭酸水洗顔と、炭酸水ご飯にハマったら、ソーダマシンに手を出してしまうかもしれませんね(^-^;

『昭和40年男』創刊10周年オリジナルグッズ 好評発売中!

最初のコメントをしてみませんか?

お気軽にコメントをどうぞ

メールアドレスは入力しても公開されることはありませんのでご安心下さい。


*