アウトドア派必見! 軽くてサビにくい「ダッチオーブン」誕生

アウトドアとキッチンの両方で使えることを目指したダッチオーブン「ライトステンレス ダッチオーブン10」が8月7日(火)に発売される。

スタイリッシュなバーベキュースタイルを提案する「TSBBQ(ティーエスビービーキュー)」は日本有数のものづくりの町「燕三条」にある株式会社山谷産業が企画・製造・販売するアウトドアブランドだ。軽さとメンテナンスのしやすさにこだわったこのダッチオーブンは、アウトドアシーンとキッチンの2wayスタイルをめざして、一般的な鋳鉄製のものより約30%軽く、洗剤でしっかり洗える画期的な製品となっている。

つるは着脱式になっているから、使う場所を選ばない設計。

特徴的なのは、ダッチオーブンでは世界初となるその素材。ステンレスとアルミの3層構造鋼板を採用し、軽量化と高い熱伝導率、そして汚れはおちやすくサビは付きにくいという抜群の扱いやすさを実現。さらにつるを脱着式にすることで、アウトドアと家庭用キッチンの両方に対応できるよう設計されている。

アウトドアだけでなく、家の中のキッチンでも使いやすい素材で作られている。

油でコーティングするなど手間のかかるメンテナンスを不要にし、凝った料理もおいしく仕上げる、軽さが際立つダッチオーブン。日常にアウトドアの楽しさを取り入れたアイテムは、日本のバーベキューをおしゃれに変えていくことだろう。

■ 「TSBBQ」商品概要
品名  ライトステンレス ダッチオーブン10(脱着式つる付き)
サイズ 内径約255mm、内面深さ約115mm(容量約5.4ℓ)
重量  約4.18kg
素材  本体:ステンレス・アルミ三層鋼、蓋・つる:ステンレス
価格  18,000円(+税)

アウトドア・ブランド「TSBBQ」 とは

ものづくりの町「燕三条」の金属・木製品加工技術を結集し、株式会社山谷産業がアートディレクターの石川竜太氏、プロダクトデザイナーの高橋悠氏とともに立ち上げたアウトドア・ブランド。「Try! Stylish BBQ!」をコンセプトに、欧米で親しまれているパーティ・バーベキューをイメージした商品を展開中。ブランド名には地域を表す「燕三条」の頭文字「TS」を冠しつつ、ロゴマークにも三本線(三条市)の上を燕(燕市)が飛ぶデザインを取り入れ、BBQに欠かせない金網を表現している。

ロゴマークには燕三条を表わすイメージがデザインされている。

アウトドア好きの昭和40年男なら、当然持っている人も多いと思うが、さすがに家のキッチンで使うには…というのが従来のダッチオーブン。手入れが大変なわりに、結局使用頻度は年に数回程度というところだろう。この「ライトステンレス ダッチオーブン10」なら、レジャー以外でも活躍してくれるので、その利用価値は格段に上がるというものだ。このダッチオーブンの他にもホットサンドメーカーやマグカップなどさまざまなアイテムがあるので、「燕三条」の逸品を手に入れたいという人はぜひブランドサイトにアクセスしてみてほしい!

最初のコメントをしてみませんか?

お気軽にコメントをどうぞ

メールアドレスは入力しても公開されることはありませんのでご安心下さい。


*