六甲山カンツリーハウス・「真夏の雪まつり」と本格「流しそうめん」開催!

六甲山カンツリーハウスでは、7月23日(月)から8月31日(金)の期間中の平日(8月13日(月)~15日(水)は除く)、夏の風物詩「流しそうめん」が開催される。

とにかく、こう暑い日が続くとなんとか涼しくなる方法を見つけたいものだ。レジャーで出かけるならこんなイベントがあると暑さも吹き飛ぶのでは? そして既に開催中の「真夏の雪まつり」は、子供でなくても雪と戯れたくなること間違いなしだが、六甲山とはいえ、この猛暑では「雪」も溶けてしまうのではないかといささか心配になってしまう。

巨大な流しそうめんは本物の竹で作られている!
「流しそうめん」は、開催中のイベント「真夏の雪まつり」の140トンの雪広場に隣接の斜面で、全長約10mの長さに天然の竹を組んで実施されるという。毎年好評のこのイベント、昨年は約2,250人もの参加でにぎわった。更に今年は参加定員を50名から100名に増やすことで、より多くの人に楽しんでもらえるようになった! 標高約850メートルの六甲山ならではの冷涼な気候のなか、青々とした竹に水がせせらぎ、そうめんがゆらゆらと流れる様子は夏ならではのイベント。巨大な流しそうめんを家族で楽しんでみてはいかがだろうか。
 

<流しそうめん>

【開催日時】
 7月23日(月)~8月31日(金)の平日 ※8月13日(月)~15日(水)は除く。※雨天中止
 (1)10:30~12:00
 (2)13:30~15:00
【料金】
 300円 ※入園料別途要
【場所】
 六甲山カンツリーハウス園内特設会場
【対象】
 どなたでも
【定員】
 各回100名
【申込方法】
 前日の17:00までにwebサイトで要予約・先着順

 

「真夏の雪まつり」好評開催中!

7/14(土)~9/2(日)までの毎日と9/8(土)、9(日)

今年で40回目を迎える「真夏の雪まつり」では、「六甲山スノーパーク」の 雪造りの設備を活かして造った約140トンの雪広場で、雪あそびや大人気の宝さがしゲームが楽しめる。また、期間中は縁日コーナーやチュービングスライダーなどさまざまなイベントが開催されているから、連日の猛暑でバテ気味の人にはおすすめだ! この際、童心に返って思いっきり遊ぶのも悪くないかも。
 
<六甲山カンツリーハウス営業概要>
営業期間:11月25日(日)まで
営業時間:10:00~17:00(16:30受付終了)
休園日:9月6日(木)
入園料: 大人(中学生以上)620円 / 小人(4歳~小学生)310円、ワンちゃん100円 ※ワンちゃんの入園には、一定の条件があります。
アクセス詳細はこちらからご確認を!

『昭和40年男』定期購読のご案内

最初のコメントをしてみませんか?

お気軽にコメントをどうぞ

メールアドレスは入力しても公開されることはありませんのでご安心下さい。