「コカ・コーラ」スリムボトル 地域デザイン仙台・千葉・名古屋(金のシャチホコ)・甲子園・広島の各デザインを6月25日(月)から発売

地域それぞれの観光名所をイラストで描き、スタイリッシュで特別なパッケージにデザインした「コカ・コーラ」スリムボトル 地域デザインの仙台・千葉・名古屋(金のシャチホコ)・甲子園・広島の各デザインが、2018年6月25日(月)から発売される。さらに、2018年が明治元年から満150年に当たることを記念する「コカ・コーラ」スリムボトル 維新デザインも同日から発売されるというから、コカ・コーラ好きならぜひ旅先、出張先でゲットしたいものだ。

ご当地でゲットするのが「地域デザイン」の醍醐味

「コカ・コーラ」スリムボトル 地域デザインは、旅をより楽しくする特別なパッケージとして北海道・東京・京都・瀬戸内・熊本の各デザインを2017年6月から7月、横浜デザインを同年9月、上野・埼玉・名古屋の各デザインを同年11月、みちのくデザインを2018年4月に発売している。いずれの地域でも旅行中の食事やリフレッシュに、またお土産にぴったりのボトルとして大好評! 地元を愛してやまないあなたには、「大人買い」もおすすめだ。

新登場する5種類のボトルは、伊達政宗と仙台城(仙台デザイン)、東京湾アクアラインとサーフィン、犬吠埼灯台(千葉デザイン)、名古屋城の金のシャチホコ(名古屋[金のシャチホコ]デザイン)、阪神甲子園球場と野球ボール(甲子園デザイン)、広島東洋カープのマスコットキャラクター・カープ坊や(広島デザイン)と、5地域それぞれのシンボルや代表的な観光スポットをイラストでアイコニックにデザインされている。また、維新ボトルは西郷隆盛と坂本龍馬をイラストで描き、明治150年のロゴとともにデザインされている。「コカ・コーラ」スリムボトルは、スタイリッシュな形状で250mlの飲みきりサイズだから、旅先での食事やひと休みしてリフレッシュしたい時にぴったり。旅の記念グッズとして家族や友人へのお土産に、海外からの旅行者にもおすすめしたい特別パッケージだ。特徴的な“コンツアーボトル”の輪郭を引き継ぎ、アルミニウム素材を使ってさらに進化させたプレミアムパッケージは、懐かしさと新しさが一緒になったボトルデザインと言えよう。

地域デザインも今回の発売で全15種類となり、「コカ・コーラ」ならではのおいしさと地域の観光地を描いたパッケージがさらに多くのエリアで楽しめるようになった。全種類コンプリート目指して旅をするのもいいかもしれない。

<製品概要>

■製品名:「コカ・コーラ」スリムボトル 地域デザイン、「コカ・コーラ」スリムボトル 維新デザイン
■品名:炭酸飲料
■250ml スリムボトル/125円(+税)
■販売地域:仙台を中心とした地域(仙台デザイン)、千葉を中心とした地域(千葉デザイン)、名古屋を中心とした地域(名古屋[金のシャチホコ]デザイン)、甲子園を中心とした地域(甲子園デザイン)、広島を中心とした地域(広島デザイン)、西日本を中心とした地域(維新デザイン)
■発売日:2018年6月25日(月)
■各地域のお土産店、物産店、スーパーマーケットなどで販売

 

「コカ・コーラ」に関する最新情報は下記アカウントでチェックしよう!

公式サイト
Twitter:https://twitter.com/CocaColaJapan
Facebook:https://www.facebook.com/cocacolapark
LINE:https://page.line.me/cocacolajapan
Instagram:https://www.instagram.com/cocacola_japan/

最初のコメントをしてみませんか?

お気軽にコメントをどうぞ

メールアドレスは入力しても公開されることはありませんのでご安心下さい。


*