【タメ年たちの大活躍!】ヤノベケンジがモニュメントを製作。

YANOBE KENJI ART WORKS
ヤノベケンジ公式サイト『YANOBE KENJI ART WORKS』

昭和40年生まれの現代美術家・ヤノベケンジが製作したオブジェ『Sun Sister』が兵庫県立美術館から神戸市立王子動物園までの間を結ぶ沿道、通称ミュージアムロードに設置されている。

『Sun Sister』は、高さ約6m、外装FRP、ステンレス、鉄骨構造の作品。ヤノベケンジによれば「過去・現在・未来を見つめ、希望の象徴としての「輝く太陽」を手に持ち、大地に立つ少女像」だという。2014年にヤノベケンジがディレクターを務める京都造形芸術大学にて有志学生と共に制作し、プロトタイプが各地で展示され、話題を集めたので覚えている方もいるかもしれない。

KENJI YANOBE Archive Project』によれば、東日本大震災後、復興の希望のモニュメントとして制作した『Sun Child』も同氏の作品だが、その姉のような存在だという。阪神・淡路大震災から20年となる2015年に合わせ、「生きる希望」を讃え、再生・復興を祈念するモニュメントとして構想された。作品は上記サイト及び公式サイトで設置途中のものが確認できる。

このコーナーでは昭和40年生まれの活躍を紹介。どんな些細なことでも我こそは!という昭和40年男はぜひ『読者投稿欄』から投稿を!

最初のコメントをしてみませんか?

お気軽にコメントをどうぞ

メールアドレスは入力しても公開されることはありませんのでご安心下さい。


*