【タメ年たちの大活躍!】古書店のこれからを考える。

古本屋のはたらき方〜たのしく本を売る〜昭和40年生まれの古書店主・広瀬洋一が6月7日(日)に開催される東京古書組合中央線支部フェスティバルのトークイベントに登壇する。

東京古書組合中央線支部が「古本屋のはたらき方〜たのしく本を売る〜」をテーマに開催するフェスティバル。3つのトークショーの一つとして古書店主が古本屋の未来を考えるという内容だ。街に古本屋が増えてきた昨今だが、維持してくのは簡単ではないという。そこで、中野、阿佐ヶ谷、西荻窪、吉祥寺、三鷹でお店を構える5店舗が参加し、どうすればよりよい古本屋になるのかを話し合う。

<あなたの街の古本屋>

 日 時:2015年6月7日(日)昼1:00~2:30

 会 場:西部古書会館:東京都杉並区高円寺北2-19-9

 登壇者:古書 音羽館、古書 コンコ堂、古本 水中書店、古本案内処

 司 会:OLD / NEW SELECT BOOKSHOP 百年

 料 金:500円

広瀬は大学在学中に東京・町田にある古書店・高原書店に入社。10年勤務したのち独立し2000年に西荻で古書 音羽館を開店する。西荻在住の本好き有志が運営するマンスリーイベント「西荻ブックマーク」のメンバーとしても活動中。著書に『西荻窪の古本屋さん』(本の雑誌社、2013年)がある。

このコーナーでは昭和40年生まれの活躍を紹介。どんな些細なことでも我こそは!という昭和40年男はぜひ『読者投稿欄』から投稿を!

 

最初のコメントをしてみませんか?

お気軽にコメントをどうぞ

メールアドレスは入力しても公開されることはありませんのでご安心下さい。