【タメ年たちの大活躍!】国境なき医師団日本の会長に就任。

国境なき医師団日本
国境なき医師団日本 公式サイト

昭和40年生まれの医師・加藤寛幸が、国境なき医師団日本の新会長に就任した。

特定非営利活動法人である国境なき医師団日本。中立・独立・公平な立場で医療・人道援助活動を行なう民間・非営利の国際団体として知られる存在だ。1971年に設立され、92年に日本事務局が発足している。

その国境なき医師団の新会長になったのが加藤寛幸。小児救急、熱帯感染症の専門家で2003年に国境なき医師団の医療・人道援助活動に参加。2012年には副会長に就任していた。国内外での豊富な経験と実績を有し、緊急医療援助活動に対する貢献度向上に取り組む。

加藤は東京都出身。島根医科大学卒業後、タイ・マヒドン大学熱帯医学校において熱帯医学ディプロマ取得 (2001年)。東京女子医大病院小児科などを経て国境なき医師団に参加後は、スーダン、インドネシア、パキスタン、南スーダンへ赴任し、主に医療崩壊地域の小児医療を担当。東日本大震災、エボラ出血熱に対する緊急援助活動にも従事した。

このコーナーでは昭和40年生まれの活躍を紹介。どんな些細なことでも我こそは!という昭和40年男はぜひ『読者投稿欄』から投稿を!

 

『昭和40年男』定期購読のご案内

最初のコメントをしてみませんか?

お気軽にコメントをどうぞ

メールアドレスは入力しても公開されることはありませんのでご安心下さい。