【タメ年たちの大活躍!】カンパニー松尾の手がけたドキュメンタリー映画が公開。

劇場版 BiSキャノンボール2014
劇場版 BiSキャノンボール2014

昭和40年の、アダルトビデオ監督・カンパニー松尾が監督したドキュメンタリー映画『劇場版 BiSキャノンボール2014』が、ポレポレ東中野ほかにて2/28(土)から、公開される。

本作は、昨年7月に解散したアイドルグループ・BiSの解散コンサートに密着したドキュメントで、昨年公開されてカルト的人気を博した『劇場版 テレクラキャノンボール2013』からインスパイアされて撮られた一般ドキュメンタリー映画だ。

テアトル新宿で今年の2月に2週間レイトショー公開されて、テアトル新宿のレイトショー映画の興行成績を更新した、ネット上でも賛否両論巻き起こった問題作。

カンパニー松尾は、87年にAVメーカーV&Rプランニングに入社し、翌88年に監督デビュー。96年にフリーとなり、03年に自身のメーカーHMJM(ハマジム)を立ち上げる。2014年に劇場映画『劇場版テレクラキャノンボール2013』が大ヒット。現在はミュージシャン・豊田道倫のPVやライブ撮影も手掛けている。

このコーナーでは昭和40年生まれの活躍を紹介。どんな些細なことでも我こそは!という昭和40年男はぜひ『読者投稿欄』から投稿を!

 

最初のコメントをしてみませんか?

お気軽にコメントをどうぞ

メールアドレスは入力しても公開されることはありませんのでご安心下さい。