【S40News!】春を感じさせる飲みごたえ! 桜餅風味の地ビールが登場!

地ビール

2月24日(火)から4月初旬まで、神奈川県の地ビールメーカー、サンクトガーレンは、桜の花と葉を用いたビール『サンクトガーレン さくら』(463円・税込)を販売する。

春らしい話題を今日もお届けする。 桜の花と葉を用いが地ビールが発売する。春を感じさせる華やかなおいしさが人気を呼び、今春で発売3年目を迎える『サンクトガーレン さくら』。 食用の八重桜を1回の仕込みに60kg使用した本品は、桜餅を彷彿とさせる、ふんわりと柔らかな味わいが特徴だ。通常のビールは大麦麦芽で作るのが一般的だが、小麦麦芽をプラスすることで、優しい口当たりを実現。さらに、苦味の基となるホップを減量することで、桜の風味を引き立てている。風味付けに使われているのは「さくら名所100選」にも選ばれている、長野県・伊那市高遠の桜。同社が秋冬限定で販売している焼きリンゴ風味のビール「アップルシナモンエール」に、長野県・伊那市のリンゴを使用していることが縁となり、本品の開発がスタートした。手探り状態で試作を続ける中、“桜風味の飲む酢”にヒントを得て、完成したという。

女性にも飲みやすく、華やかなラベルの本品は、ホワイトデーのギフトにもおすすめだ。 また春の祝いの席を華やかに演出してくれそうだ。

最初のコメントをしてみませんか?

お気軽にコメントをどうぞ

メールアドレスは入力しても公開されることはありませんのでご安心下さい。