【タメ年たちの大活躍!】動物写真家・福田幸広の写真展が開催。

福田幸広 写真展

昭和40年生まれの動物写真家で、本誌でもコラムを連載している福田幸広が、3月27日(金)より品川キヤノンギャラリーSにて写真展を開催する。

36種の動物92点のプリントと4Kムービーの特設コーナーが予定されている。見ていると癒される動物写真を数多く撮ってきた福田の作品を、大パネルで楽しむチャンスだ。ぜひ足を運んでみてほしい。

福田幸広写真展「ぼくらはみんな生きている!」 ー動物たちの幸せの瞬間ー

 場 所:品川キヤノンギャラリーS
 日 時:3月27日(金)~5月11日(月)朝10時~昼5:30(日曜・祝日休館)

 入 場:無料

福田は日本大学農獣医学部を卒業後、宝石関連の会社に就職するが、1年で退職し、フリーのカメラマンに転身。「山もいいけど、海もいい!」をモットーに世界中を渡り歩き、動物を撮影している。著書に、8年間フロリダに通って追い続けたマナティーの写真を載せた『マナティー・人間と遊ぶ愉快な仲間』や、動物の寝顔を集めた写真集『寝る子は育つ』、長野県地獄谷のサルの物語『子ザルのいちねん』など、その数は20点以上になり、どれも動物のやさしくやわらかい表情が収められている。昨年末には『PENGUIN LANDーペンギンたちの国ー』(青菁社)が発売されたばかり。また現在、本誌『昭和40年男』でコラム『気まぐれ福田君新聞』を連載。同コラムでは撮影地での出来事を披露している。

 このコーナーでは昭和40年生まれの活躍を紹介。どんな些細なことでも我こそは!という昭和40年男はぜひ『読者投稿欄』から投稿を!

最初のコメントをしてみませんか?

お気軽にコメントをどうぞ

メールアドレスは入力しても公開されることはありませんのでご安心下さい。


*