【タメ年たちの大活躍!】トモ藤田のギター教則本。

ギターが自由に弾ける「メジャー・スケール」の本昭和40年生まれのギタリスト・トモ藤田が著したムック『ギターが自由に弾ける「メジャー・スケール」の本』が10月23日より発売されている。

本書では、ドレミファソラシドの音階(メジャー・スケール)への理解が十分ではないことがギターの上達を妨げていることが非常によくあるとしている。そして、特定の運指パターンやポジションに囚われない自由な演奏ができるように、理解と練習をサポートしてくれる教則本となっている。

トモ藤田は21歳で渡米し、『ボストン・ギタリスト・コンペティション』での日本人初優勝を経て93年にバークリー音楽大学ギター科講師に就任。教え子にジョン・メイヤー、エリック・クラズノー(ソウライヴ)など多数というからすごい。95年、2007年、2010年にそれぞれアルバムをリリースする一方、各種教則本などを制作しながら講師・ギタリストとして活躍している。

このコーナーでは昭和40年生まれの活躍を紹介。どんな些細なことでも我こそは!という昭和40年男はぜひ『読者投稿欄』から投稿を!

最初のコメントをしてみませんか?

お気軽にコメントをどうぞ

メールアドレスは入力しても公開されることはありませんのでご安心下さい。


*