【S40News!】ホンダ、250ccロードスポーツ『CB250F』を発売。

CB250F_01

ホンダは、250ccのロードスポーツモデル中型バイク『CB250F』を、8月1日に発売する。

このバイクは、ネイキッドのスタイルと、レスポンス性に優れ力強い出力特性の単気筒エンジンなどを採用。開発コンセプトである「ニューライトシングルネイキッド」を具現化している。エンジンやシートカウルなどは、先に発売された『CBR250R』と共通した部分もある。

CB250Fスタイリングイメージ スケッチ
CB250Fスタイリングイメージ スケッチ
CB250F_04
シングルシートカウル装着例

スタイリングは、アスリートのように絞り込まれた「ストリートファイタースタイル」。V字シェイプのヘッドライトとシャープなフロントカウルが精悍なフロントスタイルを形成、フューエルタンク部のシュラウドとアンダーカウルの採用によって、たくましく軽快なイメージとしている。

パワーユニットは、『CBR250R』にも搭載された250ccの水冷DOHC4バルブ単気筒エンジンを搭載。低・中回転域で扱いやすく、高回転域まで伸びやかなフィーリングとしている。そして、60km/h定地走行テスト値で50.1km/Lという燃費性能を持っている。

CB250F_06CB250F_07

車体は、トラス構造のダイヤモンドタイプフレームを採用したことで、しなやかな特性を持ち、軽快で安心感のあるハンドリングに寄与している。サスペンションは、フロントにテレスコピックタイプを、リヤには5段階調節のプリロードアジャスターを備えたプロリンクを採用した。

CB250F_08

ハンドルには、『CB250F』専用のバーハンドルを採用し、アップライトなライディングポジションにより、市街地での取り回しやすさに配慮した設計にしている。メーターは、バーグラフ表示のタコメーターや、燃料計、時計などさまざまな情報を液晶ディスプレイで表示できる。

CB250F_05

車体色は、ABSタイプも含めて、ブラックとミレニアムレッドの2種類が設定された。最高出力は29PS/9,000rpm、最大トルクは2.3kgf・m/7,500rpm。車両重量は158kg、タイヤサイズ (前/後)110/70-17M/140/70-17M、サイズは2,035 × 760 × 1,045(mm)、シート高は780mm。価格は『CB250F』が46万4,400円(消費税込み)、『CB250F<ABS>』が51万5,160円となっている。


最初のコメントをしてみませんか?

お気軽にコメントをどうぞ

メールアドレスは入力しても公開されることはありませんのでご安心下さい。


*