【タメ年たちの大活躍!】吉井理人の『プロ野球 vs メジャーリーグ ―戦いの作法』が発売。

『プロ野球vsメジャーリーグ―戦いの作法』 ¥821円(本体価格760円)/PHP研究所
『プロ野球vsメジャーリーグ―戦いの作法』
¥821円(本体価格760円)/PHP研究所

昭和40年生まれの元メジャーリーガー・吉井理人の投手哲学を凝縮した『プロ野球vsメジャーリーグ―戦いの作法』(PHP研究所)が出版された。

吉井は1983年にドラフトで近鉄バッファローズに指名され、入団。88年には抑え投手として活躍し、最優秀救援投手のタイトルを獲得。95年にヤクルトスワローズへ移籍し、先発投手としてチームの日本一に貢献した。97年オフにフリーエージェント権を行使して海を渡り、ニューヨーク・メッツと1年契約。98年4月にパイレーツ戦でメジャー初登板初先発を果たし、初勝利を挙げ、5月には野茂英雄投手に次ぎ日本人メジャーリーガー史上2人目の完投勝利を挙げた。

そして2000年にコロラド・ロッキーズ、01年にモントリオール・エクスポズに在籍し、2003年に日本球界に復帰。オリックスブルーウェーブ、千葉ロッテマリーンズで投手を務め、08年に引退。08年からは日本ハム1軍投手コーチ、2軍コーチを務め、09年と12年にはパリーグ制覇を果たしている。

そんな日米野球界を知り尽くしている吉井が、日本のプロ野球とメジャーリーグの戦い方の相違点を回顧し、打者、チーム戦術などにおいていかに両者で違いがあるかを明らかにする。その他、「乱闘はボクシング」「オーナー不在だったエクスポズ」「ほんまにあったコルクバット」など驚きのエピソードも開陳する。

【主な内容】

・メジャー式練習のブームは近鉄から始まった。
・メジャーリーグのサインは単純。サイン盗みへの警戒心がない
・日本人投手がメジャーで成功するかしないか、その見極めのカギになるものとは?
・メジャーの乱闘は、なぜボクシングのような本格的な乱闘になるのか
・日米では内野守備の基本的な教え方が違う
・理屈で考えても、ダウンスイングは日本の大きな誤解
・ロッキーズ監督の許せない一言
・ユニホームを決めるのは先発投手
・マニー・ラミレスのチップは10万円
・学ぶべきは3つのF

このコーナーでは昭和40年生まれの活躍を紹介。どんな些細なことでも我こそは!という昭和40年男はぜひ『読者投稿欄』から投稿を!

最初のコメントをしてみませんか?

お気軽にコメントをどうぞ

メールアドレスは入力しても公開されることはありませんのでご安心下さい。


*