【タメ年たちの大活躍!】村杉蝉之介が映画『万能鑑定士Q-モナ・リザの瞳-』に出演。

(C)2014映画「万能鑑定士Q」製作委員会
(C)2014映画「万能鑑定士Q」製作委員会

昭和40年生まれの俳優・村杉蝉之介が5月31日から公開の映画『万能鑑定士Q-モナ・リザの瞳-』に出演する。

村杉は劇団『大人計画』の四天王(立石明石、宮藤官九郎、阿部サダヲ、宮崎吐夢が主演)を見たことがキッカケで1994年に同劇団のオーディションを受け入団する。入団後は怪しいメガネの人役などを演じ、個性派俳優として舞台を中心に、映画やテレビドラマにも出演し幅広い分野で活躍している。

昨年放送されたNHK連続テレビ小説『あまちゃん』にも村杉は出演しており、アイドルおたく・ヒビキ一朗と言えば、顔と名前が一致する人も多いのではないだろうか。年の瀬の紅白歌合戦にも村杉は出演し、客席に潜んでいた村杉を見つけたキョンキョンがステージから「ヒビキ!ヒビキ!」と指さし、会場をドッと沸かした。アノ男が村杉だ。

その村杉が新たな作品に出演する。映画『万能鑑定士Q-モナ・リザの瞳-』は松岡佳祐原作のベストセラーミステリー『万能鑑定士Q] シリーズを映画化したもので、天才的な鑑定眼を持つヒロインが世界的傑作絵画モナ・リザに隠された謎に迫る姿を描く。村杉がどのような役で登場するのか気になるところ。全国東宝系シアターで5月31日より公開。

このコーナーでは昭和40年生まれの活躍を紹介。どんな些細なことでも我こそは!という昭和40年男はぜひ『読者投稿欄』から投稿を!

『昭和40年男』創刊10周年オリジナルグッズ 好評発売中!

最初のコメントをしてみませんか?

お気軽にコメントをどうぞ

メールアドレスは入力しても公開されることはありませんのでご安心下さい。


*