【S40News!】空中に描く3Dプリンター『3Doodler』。

3Doodler_01

ナカバヤシは、米Wobbles Worksが開発した3Dプリントペン『3Doodler(スリードゥードゥラー)』を4月上旬に発売する。

『3Doodler』は、文字や絵を描くような感覚で立体アートを制作できる3Dプリントペン。米国のクラウドファンディングサービスサイト“Kickstarter”で集めた資金(約2億4000万円)で、Wobbles Worksが開発した。

3Doodler_03 3Doodler_06

使い方は、専用プラスチックフィラメント(PLA/ABS樹脂製)を本体に差し込んで電源を入れるだけ。熱によって溶けた樹脂がペン先から押し出され、空中に線を描くようにペン先を動かすと立体アートを作ることができる。溶けた樹脂は室温で冷えて固まり、さまざまな色を使用した鮮やかな作品を制作することができる。


一般的な3Dプリンタで使用するようなデータやソフトは必要なく、思いのままに動かすだけ。イメージしたものがすぐ形にできる他、作るうちに思いがけない作品が生まれるかもしれない。

3Doodler_04

ペン先の熱温度は最大約240℃、出力は24w(12V)。専用プラスチックフィラメント50本(PLA樹脂×25本、ABS樹脂×25本)が付属する。本体サイズは187 × 37 × 37(mm)で、重さは130g。

『3Doodler』で作成した立体アート
『3Doodler』で作成した立体アート

発売は4月上旬で、価格はペンが1万6,000円(税別)、専用プラスチックフィラメントが1,500円(税別)となっている。

最初のコメントをしてみませんか?

お気軽にコメントをどうぞ

メールアドレスは入力しても公開されることはありませんのでご安心下さい。


*