【タメ年たちの大活躍!】佐藤可士和グッズが登場。

SFTƒŠƒŠ[ƒX20140130国立新美術館にオープンしたミュージアムショップ『スーベニアフロムトーキョー』に昭和40年生まれのクリエイティブディレクター・佐藤可士和の手がけたグッズが販売される。

佐藤は国立新美術館のシンボルマークのデザインやホンダステップワゴンのTVCF、SMAPなどミュージシャンのアートワーク、今治タオルのブランドクリエイティブディレクション、カップヌードルミュージアムのトータルプロデュース、NTTドコモ『FOMA N702iD / N703iD』のプロダクトデザイン、ユニクロ・グローバルブランド戦略を手がけるなど、日本を代表するクリエイティブディレクターだ。

ミュージアムショップで販売される佐藤がデザインしたハンカチ
ミュージアムショップで販売される佐藤がデザインしたハンカチ

その佐藤が手がけ販売されるグッズは、新しいグラフィックを用いたマグカップやハンカチ、傘、ステーショナリーなどだ。佐藤は同館のロゴを手がけており、左のハンカチも国立新美術館の“新”の字をモチーフにデザインされている。興味のある人は訪れてみてはいかがだろう。

営業時間は10:00~18:00(金曜日のみ20:00まで)。休館日は毎週火曜日(祝日又は休日に当たる場合は開館し、翌日休館)。

このコーナーでは昭和40年生まれの活躍を紹介。どんな些細なことでも我こそは!という昭和40年男はぜひ『読者投稿欄』から投稿を!

最初のコメントをしてみませんか?

お気軽にコメントをどうぞ

メールアドレスは入力しても公開されることはありませんのでご安心下さい。


*