【タメ年たちの大活躍!】さだまさし原作の映画『サクラサク』に出演。

(C)「サクラサク」製作委員会
(C)「サクラサク」製作委員会

昭和40年生まれの俳優・津田寛治が4月5日から公開の映画『サクラサク』に出演する。

津田は北野武監督の『ソナチネ』(1993年)でスクリーンデビューをはたし、映画『模倣犯』で第45回ブルーリボン賞助演男優賞を受賞。『樹の海』で第17回東京国際映画祭特別賞を受賞するなど、映画をはじめテレビドラマやCMなどで活躍を続けている。最近では、テレビ朝日系連続ドラマ『警視庁捜査一課9係』で刑事役を演じたり、竹中直人監督作『R-18文学賞vol.1 自縄自縛の私』などに出演。また映画監督としても活動しており短編映画『カタラズのまちで』を制作し、映画祭『ショートショートフィルムフェスティバル』のジャパン部門にノミネートされている。

その津田が出演する同作は、さだまさしが自身の父親の思い出を下敷きに、家族の絆を描いた物語『サクラサク』を原作としたもの。津田は劇中、主役の緒形直人扮する大崎俊介の同級生のすし店主役で登場する。公開は4月5日から。

このコーナーでは昭和40年生まれの活躍を紹介。どんな些細なことでも我こそは!という昭和40年男はぜひ『読者投稿欄』から投稿を!

最初のコメントをしてみませんか?

お気軽にコメントをどうぞ

メールアドレスは入力しても公開されることはありませんのでご安心下さい。


*