【S40News!】低速で食材を押しつぶすクッキングスクイーザー『BIOTY』。

BIOTY_JM-S10_1

東芝は栄養素を残したジュースができる低速圧縮方式のクッキングスクイーザー『BIOTY(ビオティ) JM-S10』を1月中旬に発売する。

BIOTY_JM-S10_2

本製品は、歯のないスクリューでゆっくり食材を押しつぶしながら搾るタイプ。そのため、従来のカッター方式ジューサーに比べ、回転時の発熱を避けて栄養素をより多く含み、舌触りも滑らかになるジュースができるというもの。


BIOTY_JM-S10_3

栄養価では、たとえば東芝の従来品に比べ、りんごではポリフェノールの一種のクロロゲン酸が約30%、マンゴーにはビタミンCが約16%多く含まれるジュースができるという。また、搾られて残るせんい質(搾りかす)も、さまざまなヘルシーレシピに使用できるという。

通常モードの毎分75回転よりも約64%低速な毎分48回転で搾る“葉物モード”も用意されており、小松菜やレタス、キャベツなどの葉物に使用すると、通常モードよりも約7%多くジュースが搾れるのもウリの一つだ。

付属品として、栄養士の笠井奈津子氏監修による「ジュース&カクテルレシピ」と「ジュースアレンジ&せんい質レシピ」の2冊のレシピブックが同梱され、101のヘルシーメニューが利用できる。

BIOTY_JM-S10_4

BIOTY_JM-S10_5

また、ジュースとせんい質を濾すための通常のストレーナーの他に、トマトやマンゴー、キウイなどの柔らかい食材に向いた、網目の細かいソフトストレーナーや、リンゴに適した専用のドラムキャップが付属する。サイズは278 × 140 × 342(㎜)、重さは約4.4kg。消費電力は150W。価格はオープンプライスで、実勢予想価格は5万円前後となっている。


   

最初のコメントをしてみませんか?

お気軽にコメントをどうぞ

メールアドレスは入力しても公開されることはありませんのでご安心下さい。