【S40News!】ブリタの浄水器とラッセルホブスの電気ケトルがコラボ。

ウォーターフィルターケトル 18554JP

ブリタ ジャパンと、英ラッセルホブスの日本代理店である大石アンドアソシエイツは、浄水機能つきの電気ケトル『ラッセルホブス ウォーターフィルターケトル 18554JP』を2月10日に発売する。

このウォーターフィルターケトルは、浄水器ポットを発売するブリタと、キッチン家電のラッセルホブスがコラボレーションしたもの。注いだ水道水をカートリッジでろ過し、そのままお湯を沸かすことができる。

カートリッジは、BRITAのポット型浄水器用のMAXTRA(マクストラ)カートリッジに対応。本体にはカートリッジの交換時期をひと目で確認できるBRITA MEMOを備える。また、沸騰すると自動で電源をオフにする自動電源OFF機能を備えている。

マクストラフィルターカートリッジ
MAXTRAカートリッジ

 煮沸や温度差によって、MAXTRAカートリッジの質や機能の低下は起きないとされている。ろ材のイオン交換樹脂や活性炭の働きで、塩素、総トリハロメタン、鉛や一時硬度などのニオイや味に影響する物質を除去してくれるので、手軽にろ過水で温かい飲み物を作ることができる。調理などでも便利だろう。


最大容量は1リットル、カートリッジ1個が付属する。カートリッジのろ材は活性炭とイオン交換樹脂。サイズは250 × 245 × 165(mm)。価格は1万500円となっている。

   

最初のコメントをしてみませんか?

お気軽にコメントをどうぞ

メールアドレスは入力しても公開されることはありませんのでご安心下さい。