【S40News!】金属も切断できる『マルチのこぎりヘッド』。

コード式マルチのこぎり_1

ブラック・アンド・デッカーは、多機能電動ツール『マルチエボ』シリーズの新製品として、庭木の手入れに使えるマルチのこぎりヘッド『ERS183』と、コード式マルチのこぎり 『EAR800』を12月中旬より順次発売する。

マルチのこぎりヘッド 『ERS183』
マルチのこぎりヘッド 『ERS183』
コード式マルチのこぎり『EAR800』
コード式マルチのこぎり『EAR800』

マルチのこぎりヘッド 『ERS183』は、先端のブレードが高速往復運動することで切断するレシプロソーの仕組みを採用した切断工具。1分間に3,000回の往復運動により、木材やプラスティックに加え、金属も切断できる。木工用/金工用のそれぞれのレシプロブレードと、アサリ刃を採用した「プルーニングブレード」の3種類の刃が付属する。

また、コード式マルチのこぎり『EAR800』は、上記ヘッド『ERS183』とAC電源タイプのボディをセットにしたもの。木工レシプロブレード(10TPI)、金工レシプロブレード(18TPI)、プルーニングブレード、ソフトバッグの4種類が付属する。

コード式マルチのこぎり_4 コード式マルチのこぎり_5

なお、『マルチエボ』シリーズは、ヘッドとボディを組み合わせると多彩な機能を持つ電動ハンドツール。これまでドリルドライバー、シグソー、サンダーという基本工具から、インパクトドライバー、丸ノコ、振動ドリル、トリマー、オシレーティングツール、空気入れまで、10種類のヘッドと、充電式とコード式の2種類のボディ(本体)が発売されている。

マルチのこぎりヘッド『ERS183』の本体サイズは70×100×180(mm)。本体重量は630g。実勢予想価格は6,000円。コード式マルチのこぎり『EAR800』の本体サイズは70×200×330(mm)。本体重量は1.65kg。コード長は3.0m。実勢予想価格は1万円となっている。

   

『昭和40年男』定期購読のご案内

最初のコメントをしてみませんか?

お気軽にコメントをどうぞ

メールアドレスは入力しても公開されることはありませんのでご安心下さい。