【S40News!】第7世代『シボレー・コルベット』が発表。

シボレー_コルベット7h_1

ゼネラルモーターズ・ジャパンは、新型『シボレー コルベット クーペ』をはじめ、4モデルの第7世代型『シボレー コルベット』を発表した。

シボレー_コルベット7h_2

この第7世代は、従来のモデルから受け継いだパーツが2つしかないというほど、まったく新しいフレーム構造とシャシー、パワートレインの採用と、エクステリアとインテリアのデザインで一新されている。

軽量素材をふんだんに採用し、カーボンファイバー製エンジンフード、カーボン・ナノコンポジット製アンダーボディパネルなどで大幅な軽量化を実現。また、新型アルミフレーム採用で第6世代よりも45%軽く、57%剛性が向上したという。約50:50の前後重量配分も実現している。

シボレー_コルベット7h_3

新たに開発された6.2リッターV8エンジンの最高出力は2タイプあり、『シボレー コルベット クーペ』と『シボレー コルベット コンバーチブル』が339Kw(460PS)、最大トルクは、624N・m(63.6kg・m)。スポーツ仕様の新型『シボレー コルベット クーペZ51』と『シボレー コルベットコンバーチブルZ51』では、343Kw(466PS)、最大トルクは、630N・m(64.2kg・m)に達する。

また、同エンジンでは燃費効率を高めるため、加速中はV8エンジンとして作動、クルージング時には、V4として作動する。エコ・モードの場合は急加速しない限り、基本的にV4状態を維持し、結果として米EPAハイウェイモードでは、1リッターあたり12.3kmを実現。スポーツカーとしては高い燃費性能といえる。

シボレー_コルベット7h_4シボレー_コルベット7h_5

12種類の制御システムをコントロールするドライバーモード セレクターや、アクティブ レブマッチング機能を備えた新型7速マニュアル トランスミッションなど、最先端のドライバーサポート技術が備わっている。

クーペ、クーペZ51(ズィー・フィフティー・ワン)は2014年4月12日から販売。また、コンバーチブル、コンバーチブル Z51(ズィー・フィフティー・ワン)は5月24日から、全国のシボレーの正規ディーラーネットワークで販売される予定だ。

シボレー_コルベット7h_7シボレー_コルベット7h_6

全長は4,495mm。車重は1,580(クーペ、Z51)kg。エンジンはLT1 6.2リッターV8、6,153cc。ボディカラーはベロシティーイエロー(※)、アークティックホワイト、ブラック、サイバーグレー、トーチレッド。価格は『シボレー コルベット クーペ』(6AT)で929万円となっている。


(※)ベロシティーイエローはスペシャルペイント(有償): 12万9,000円。

   

『昭和40年男』定期購読のご案内

最初のコメントをしてみませんか?

お気軽にコメントをどうぞ

メールアドレスは入力しても公開されることはありませんのでご安心下さい。