【タメ年たちの大活躍!】神山監督『009RE:CYBORG』と神谷監督『バイオハザード ダムネーション』が作品賞を受賞!

本誌vol.20『荒海に生きるタメ年男』に登場してくれた神山健治監督。アニメ監督としてクールジャパンの最先端を走るクリエイターに、そのエネルギーの源泉をきいた
本誌vol.20『荒海に生きるタメ年男』に登場してくれた神山健治監督。アニメ監督としてクールジャパンの最先端を走るクリエイターに、そのエネルギーの源泉をきいた

昭和40年男・神山健治監督作『009RE:CYBORG』と神谷誠監督作品『バイオハザード ダムネーション』国際3D協会ルミエール・ジャパン・アワード2013 作品賞 アニメーション/VFX部門を受賞した。

昨年10月27日に全国公開された映画『009RE:CYBORG』。同作は、言わずと知れた石ノ森章太郎のマンガ『サイボーグ009』を原作に、『サイボーグ009』が描かれた時代から30年の時を経た2013年の現在を舞台としてつくられた。かつて世界を危機から救った9人の00ナンバーサイボーグたちが、同時多発爆破事件をきっかけに再集結し、新たなストーリーが展開。完全オリジナルストーリーでアニメーション映画化されたのだが、神山が監督を務めた。

神山の他にも劇作家・演出家の小野寺丈(昭和41年1月生まれの昭和40年男)が構成を担当し、作画は石ノ森の元アシスタントで昭和40年生まれのキャラクターデザイナー・早瀬マサトが務めている、タメ年による作品といっても過言ではないのだ。海外のフル3DCGアニメとはまるで異なる、日本のセルアニメ技法を継承したアプローチによる野心的なデジタル映像作品で話題を集めた。

一方、神谷誠が監督を務めた『バイオハザード ダムネーション』も同時期の昨年10月27日公開された、人気ゲーム『バイオハザード』を原作としたCGアニメーション作品。前作『バイオハザード ディジェネレーション』も神谷が監督を務めたのだが、全世界でDVDの売上が160万本を越える人気作となり、待望の続編にファンを大いに楽しませた。

その『009RE:CYBORG』と『バイオハザード ダムネーション』が、日本の3D映像技術やコンテンツ表現を発展・普及させることを目的に設立された国際3D協会 日本部会が主催するルミエール・ジャパン・アワードで作品賞 アニメーション/VFX部門で賞を受賞した。グランプリは『キャプテンハーロック』。ちなみに同作では昭和40年生まれの俳優・古田新太がハーロックを支える副長のヤッタラン役で出演している。各作品ともDVDやBlu-rayが発売されているので劇場で見逃してしまった人は、昭和40年男たちが手がけた作品をぜひ観てみてほしい。

このコーナーでは昭和40年生まれの活躍を紹介。どんな些細なことでも我こそは!という昭和40年男はぜひ『読者投稿欄』から投稿を!

        

『昭和40年男』定期購読のご案内

最初のコメントをしてみませんか?

お気軽にコメントをどうぞ

メールアドレスは入力しても公開されることはありませんのでご安心下さい。