【タメ年たちの大活躍!】巨人の打撃コーチに就任。

スクリーンショット 2013-11-11 9.44.59昭和40年生まれの元外野手・橋上秀樹が巨人の打撃コーチに就任した。

千葉県出身の橋上は、安田学園から83年にドラフト3位でヤクルトに入団。外野手として活躍し、97年から日本ハム、2000年に阪神でプレーし現役を引退する。

1軍通算は543試合に出場し、打率2割6分5厘(215安打)、17本塁打、86打点。2005年には楽天で2軍外野守備走塁コーチに就任し、07年~09年まで野村監督の右腕としてヘッドコーチを務めた。 昨シーズンから巨人の1軍戦略コーチに就任し、リーグ連覇に貢献。その手腕が買われ、今年3月に開催したワールド・ベースボール・クラシックではスコアラーを務めた。

巨人は今年、連続日本一をあと一歩のところで逃し、楽天にその座を奪われた。日本シリーズでは、楽天の田中・則本・美馬らを打ち崩すことができず、ここ一番での攻撃力に欠け、打線は沈黙した。来季はその打撃力の強化が課題となった。そこで原巨人は、1軍の打撃コーチを現在の2人体制から3人に増員することを決断。これまで戦略コーチとしてチーム全体を見てきた橋上に白羽の矢がたったようだ。ちなみに巨人で打撃コーチが3人体制となるのは、巨人が快進撃を始めた、あの“V9”が始まった1965年以降で初めてのことだとか。橋上の活躍と、チームの勝利に注目したい。

このコーナーでは昭和40年生まれの活躍を紹介。どんな些細なことでも我こそは!という昭和40年男はぜひ『読者投稿欄』から投稿を!

  

『昭和40年男』定期購読のご案内

最初のコメントをしてみませんか?

お気軽にコメントをどうぞ

メールアドレスは入力しても公開されることはありませんのでご安心下さい。