【S40News!】期待のEV『BMW i3』が正式発表。

BMW i3

BMWは、電気自動車『BMW i3』をニューヨーク、ロンドン、北京で同時発表した。

電動モデルに特化した新ブランドとして新たに立ち上げた「i」ブランドの市販第一号車となる。コンセプトカーとして『i8』と共に開発が続けられてきたが、実際に販売が開始されることになった。

BMW i3

最高4人乗車の都市型モビリティとして開発されたi3は、130~160kmと日常生活では必要十分な航続距離をもつが、レンジエクステンダーもオプションで設定されている。34馬力の最高出力を発揮する2気筒ガソリンエンジンにより駆動されるこの装置は、バッテリーの充電状況がある規定値以下に落ちると充電を開始。これによって日常走行モードなら最大航続距離を約300kmまで延長するという。いわゆるPHV(プラグインハイブリッド)として機能するというわけだ。

BMW i3

カーボンファイバー製のフレームやアルミ製シャシーなどによって、軽量化を追求しており、その車両重量は1,195㎏。重いバッテリーを搭載してこの重量は立派だろう。パワートレーンは最高出力170馬力、最大トルクは250Nm。停止状態から最高出力を発揮するモーターの特徴を活かし、3.7秒で停止状態から60 km/hに加速。最高速度は150 km/hだが、これは効率上の問題による制限だという。

BMW i3

BMW i3は2013年11月中にまずドイツなどの欧州市場で販売が開始され、米国、中国、日本などでの販売開始は2014年上半期が予定されている。基準価格はドイツで3万4950ユーロ。オプションのレンジエクステンダーを選択すると3万9450ユーロ。

  

『昭和40年男』定期購読のご案内

最初のコメントをしてみませんか?

お気軽にコメントをどうぞ

メールアドレスは入力しても公開されることはありませんのでご安心下さい。