【タメ年たちの大活躍!】ゲームデザイナー・三上真司の新作『PSYCHOBREAK』が発表。

公式サイトで現在公開中の実写トレイラーでは恐怖の世界が描かれている。グロテスクやホラーなどの表現が苦手な方はサイトの閲覧は注意とのこと
公式サイトで現在公開中の実写トレイラーでは恐怖の世界が描かれている。グロテスクやホラーなどの表現が苦手な方はサイトの閲覧は注意とのこと

昭和40年生まれのゲームデザイナー・三上真司が新ゲーム『PSYCHOBREAK(サイコブレイク)』を発表した。

三上は大学卒業後、カプコンに入社し、1996年にホラーアクションアドベンチャーゲーム『バイオハザード』を手がけた。同ゲームは日本国内だけで100万本以上を売上げ、世界各国でも人気を集めシリーズ化されたり、2002年には実写映画化され(監督/脚本は昭和40年男・ポール・W・アンダーソンが手がける)世界興行収入は160億円を超すヒットを飛ばした。その後、サバイバルホラーゲーム『ディノクライシス』シリーズやハードアクションゲーム『デビルメイクライ』などを手がけ、三上はゲーム界において3Dグラフィックのサバイバルホラーというジャンルを確立し成長させてきたひとりだ。現在は独立しソフトウエアの開発をするなど活躍を続けている。

その三上が発表した『PSYCHOBREAK(サイコブレイク)』は目下制作中で、2014年の発売を予定している。同作は、三上の得意とする身も凍るような恐怖と、それを破壊する快感にあふれるサバイバルホラーゲーム。ゲームエンジンに『id Tech 5エンジン』(映像や音のリアルタイム処理などをするソフトウェアのことでid Softwareが開発した第5代目エンジン)の最新版を使用し、狂気と恐怖の世界を極限まで表現するのだそう。三上は公式Webサイトで「今回、『PSYCHOBREAK(サイコブレイク)』を発表することができ最高にうれしく思っています。ファンの皆様にお届けするため、全力で開発しています。ご期待ください」とコメントしている。ファンの間で高い期待が集まっている同作、その動向に注目したい。

このコーナーでは昭和40年生まれの活躍を紹介。どんな些細なことでも我こそは!という昭和40年男はぜひ『読者投稿欄』から投稿を!

『昭和40年男』創刊10周年オリジナルグッズ 好評発売中!

最初のコメントをしてみませんか?

お気軽にコメントをどうぞ

メールアドレスは入力しても公開されることはありませんのでご安心下さい。


*