【S40News!】世界初、冷却ヘッドのシェーバー。

ブラウンクールテックブラウンは、4月上旬から、冷却ヘッドテクノロジー搭載の『ブラウンクールテック』を発売する。

シェービング中の肌のヒリヒリ感を抑えてくれるシェーバーが、新商品の『ブラウンクールテック』だ。世界で初めてという冷却ヘッドテクノロジーを搭載し、シェービングと同時に肌を冷やし、肌トラブルを防ぐ。

この最新テクノロジーの核心は、冷却ヘッド本体に内蔵されたサーモエレクトリッククーラー(TEC)にある。TECは、宇宙船や人工衛星建設、また冷蔵庫などに使われているもので、『ブラウンクールテック』にはこの冷却テクノロジーが応用された。

電源ボタン上にある“クーリングスイッチ”を押すと、5秒ほどでクーリングシェーバーの冷却が開始される。通常のシェーバーは、ヘッド部分に熱がこもってしまいがちだが、『ブラウンクールテック』の場合、ヘッド部分に搭載されているアルミ製クーリングバーが働き、熱はシェーバーのヘッド側から本体側へ移動し取り去られる。

この際に発生した熱は、ボディのヒートシンクと呼ばれる場所に貯められ、シェービング終了後、周辺に拡散するようになっている。シェーバーだけでなく、肌も同時にクールダウンされるので、ジェルやローションも不要とのこと。ひんやりとした剃り心地で、ひげ剃り時に発生する赤みやかぶれ、かゆみなどは最小限に抑えられるという。

ブラウンクールテックこの他にも、浮き沈みする刃が肌の局面にフィットする“3連サスペンションヘッドシステム”、899パターンの編目で様々な方向に生えているひげを的確にとらえる“ディープキャッチ網刃”、洗浄、充電、潤滑、乾燥をすべて1台で行なえる“全自動アルコール洗浄システム”などの機能も備えており(CTT6ccタイプのみ)、使い勝手は充分だろう。毎日のことだからこそ、気持ち良く身だしなみを整えたい昭和40年男には。おすすめだ。

『ブラウンクールテック』は、約1時間でフル充電でき、1回のフル充電で最長2週間仕様できる。洗浄、潤滑、充電機能付きのCT8ccタイプは予想実勢価格2万4,800円前後、それらの機能なしのCT4sタイプは1万9,800円前後。

最初のコメントをしてみませんか?

お気軽にコメントをどうぞ

メールアドレスは入力しても公開されることはありませんのでご安心下さい。


*