【S40News!】史上最速のMINI、発売。

MINI John Cooper Works GP

Morris Mini Cooper
Morris Mini Cooper

BMWは、MINI史上最速モデルとなる『MINI John Cooper Works GP』を、200台限定で販売開始した。

クーパーといえば、ミニファンにとっては特別な名前である。その名は60年代にモータースポーツ界を席巻したレーサー、ジョン・クーパーに由来する。チューニングされたクラシックMiniでモンテカルロ・ラリーを3度制する偉業を成し遂げた人物だ。

今回発売された『MINI John Cooper Works GP』は、ハイスペックモデルMINI John Cooper Worksをベースにエンジン出力をさらに7馬力向上させており、全世界2,000台の限定生産モデル。日本にはその1割が導入されることになる。MINI史上究極の走りを極めた刺激的な1台。パワーユニットは最大出力218ps/6,000rpmを発揮する1.6Lの直噴直列4気筒ターボチャージャーエンジン。これに6速MTを組み合わせる。

MINI John Cooper Works GP

また、ボンネットには赤く縁取られたエアインテークが口を開け、高性能であることを訴える。フロントバンパー内のフレーキダクトや、ブレーキキャリパーも同様だ。リヤには大型のカーボン製ウイング、リヤバンパーには大型ディフューザーを装備し、スポーティさだけでなく、高速走行時はダウンフォースによる安定した挙動が期待される。専用の17インチホイールとスポーツタイヤによって高いグリップ力を発揮するという。さらに乗車定員を2名に限定することで内装も軽量化、後方にはインナーバーを装備する事で、ボディ剛性を高めている。車体色は専用色となるサンダーグレーのみで、価格は460万円。

最初のコメントをしてみませんか?

お気軽にコメントをどうぞ

メールアドレスは入力しても公開されることはありませんのでご安心下さい。


*